キーが不正です!?

 

2009年10月31日

 
キーが不正です!?

Mac OS X 10.6.1:Snow Leopard Build. 10B504
and iTunes 9.0.2 (25)

昨日突然、旗艦である MacBook (Late 2008)が、起動不能に。

画面には、?マーク付きのフォルダアイコンが虚しく表示されるのみで、いつまでたっても起動のプロセスに入ろうとしない。

前日は、たしか正常終了したはずなのに、である。
(オイオイ?)


確かに、ここ数日極端に処理が遅くなることが何度かあり、頭に来て強制電源オフを2〜3度やったような気もするが、その報復措置がこれである。

たしかに前日は正常終了こそしたが、強制電源オフからの再起動時にログイン画面まで行って、「え〜い、今日はヤメぢゃ」と、そのままログインぜずに終了したのがまずかったのか?

たぶん、普段はログイン後に自動修復が行われていたような…。

ま、どうせ修復はできないちうことで、結果は一緒だったかもしれない。キーを押さえる手が震えているのが自分でもわかるが、とにかく、落ち着こう。そこで一句、

気休めに、何度か試す、オプ+コマ+P+R(字余り)

などと、悠長に構えている場合ではない。

とりあえず、外部ドライブに設えてある暫定起動システムで起動し「ディスクユーティリティ」で検証してみる。


-- Disk Utility ------------------------------------------------------------------
キーが不正です
ボリューム“MacBookHD”が壊れています。修復する必要があります。
エラー:このディスクは修復する必要があります。“ディスクを修復”をクリックしてください。
-------------------------------------------------------------------------------------

ひぃえ〜、たのむでぇ。よっしゃ、修復、修復。

-- Disk Utility ------------------------------------------------------------------
ボリューム“MacBookHD”を修復できませんでした。
エラー:このディスクを修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてからバックアップしたファイルを復元してください。

-------------------------------------------------------------------------------------

しょえ〜っ、ほんまに壊れよったかあ?

しかし、「できるだけ多くのファイルを」というところに危機感せまる雰囲気が漂っている。まるで言外に、「ま、すべては無理だろうけど…」とでも言いたいようだ。

幸いにドライブはマウントできているので、とりあえず別ドライブに十分な空き領域を確保する作業から始める。(ゴミ掃除ね)

普段は、LED 島根24 に接続しているが、この手の作業は単体で行った方が問題も少ない。(が、13インチはやっぱ狭いわ)

一応、主だったファイルはタイムカプセルにバックアップしてあるが、どんなしょうもないファイルといえどもエラーごときで失うのは悔しい。

よおし、何が何でも全てのファイルを救出してやろうぢゃないか。

で、結局コピー作業中にはエラーは発生せず、システムやアプリケーションを除く全データを無事にバックアップできた。

カタログBツリーなどがイカれると、データ領域にも少なからず影響が出るものだが、起動システム関係の領域だけが破壊されたのだろうか?(キーが不正って、なによ?意味がわからん)

バックアップ後、再フォーマットを行いハードに問題がないことを確認してから、クリーンインストールを実行。

インストール中に、タイムマシンによるデータ復元するかを尋ねられるが、エラーの根本的な原因が過去のバックアップ中にあっては元も子もないので、システム関係の書類は全く新たに作成していくことにした。

数回のソフトウェアアップデートを経て、Mac OS X 10.6.1:Snow Leopard Build. 10B504 に復帰。ちょうどタイミング良く(悪く?)iTunes 9.0.2 (25) のアップデートもあったようだ。

iTunes 9.0.2 (25) では、やっと背景色に「暗い」が選択できるようになったところまでは確認したが、なぜかレパード(10.5.8)ではアルバムのアートワークに妙な縁取りが付くのが気になった。

スノレパでは同様のアルバムに対してもそのような表示はされない。レパード(10.5.8)ではアートワークの角を丸めた形状で表示しているようだが、それが災いして縁取りになっているみたいだ。

しかし、縁の色と背景の色を同じにすれば見えないはずなので、「暗い」という背景に暗さが足りないという、手抜きアップデートが根本の原因であろう。

または、さっさとスノレパにすればあ? …というアップルの嫌がらせかもしれない。

システム再インストールを余儀なくされたエラーの原因は、未だに不明で現在調査中であるが、激闘延べ18時間。

さすがに疲れた。

....ということでヒトツよろしく。


2009年XX月某日 Hexagon/Okayama, Japan


← ← ←[PR] 左右のスポンサーサイトもヒトツよろしく [PR] → → →