たかが、iPad されど、iPad♪〜コイツは、本当にモバイルデバイスなのか?

 

2010年02月01日

2010年02月2日[追記]

 
[2010.02.01]
たかが、iPad されど、iPad♪

 〜コイツは、本当にモバイルデバイスなのか?

前回は、独断的偏見と個人的な期待感により「iPad」はモバイルデバイスなどではなく、次世代の家庭用デスクトップ機の先駆けである、と勝手に結論づけてみた。

ま、デスクっちゅうても、一般家庭で机らしいものは子供の勉強机ぐらいで、食卓テーブル、ちゃぶ台またはコタツの上あたりまでをデスクトップと呼んでも、差し支えはないだろう。

しかしその後、ニュースサイトなど関連情報を追ってみたものの、なぜかあまりそのような見解は多くない。「ノートパソコンとスマートフォンの隙間を埋めるべく…云々」という論調が、大半を占めているようだ。

アップルが、発表会場にわざわざソファやテーブルまで設置して、リビングの雰囲気を造り出していたのにもかかわらず、である。


[Apple Special Event : Apple Announces iPad]

だいたい、MacBook と iPhone を使用している身にとっては、ノートパソコンとスマートフォンの間にそれほど大きな隙間があるとは思えない。「そんな狭い市場狙って、どうするつもりなんだ?」というのが、発表される前の個人的な感想であった。

もっとも、一般的なパソコン全般と携帯電話(ガラケーと呼ぶらしい)の隙間というなら、埋めがいのある相当大きな穴があるような気もするが…。(たぶん、そういう人が Netbook の主たるユーザなんだろうな)

現状の市場動向を把握することはもちろん重要だが、自社で提供している機器を前提に考えることは一企業として当然のことと思われるので、 Netbook などはクソだ、不要だ、というアップル(=スティーブ)の見解にも一理あると思う。

中には「アップル、電子書籍市場にも参入」と称して、米国限定で開始されるサービスをメイン機能であるかのように報道したり、電子ブックリーダの Amazon Kindle とマジで比較しているサイトまであるくらいだから、各方面にいろいろな波紋をなげかけているのはよくわかる。

  1. もっと笑えるのは「iPad と石ころを比較する」というもので、期待されたカメラやインターフェイスが搭載されなかったことに対する遺憾の意がよく現れていて、たいへんほほ笑ましい。
    [02/02:追記]あえて付け加えるなら、どちらも他社の電子ブックリーダや、ひょっとすると「複数の窓」だって破壊できるかもしれない。

しかし、音楽業界以上にガチガチの国内の出版業界が、そう簡単に動き出すとはとうてい思えない。電子ブックリーダというのは「iPad」の一部機能に過ぎないし、アップルの考える爆撃範囲はそんな限定的なものではないだろう。

アップルは、ノートと携帯機器の隙間よりもっと大きな、隙間というには巨大な、旧来のデスクトップ機が当たり前のように占めていた空間を見ているに違いない。

ただし、 激安組立てキットおよびゲーマー御用達のハイパワーデスクトップは、Netbook と同様にアップルの視野には入っていないし、すべての用途に応用可能な汎用性も、考えられているわけではない。

ジョナサン・アイブ以下、アップル幹部総出演のプロモーションビデオを見ても、それはわかる。どこにもモバイル機器として、屋外に持ち出して使用している映像などはない。

全て、家庭内で主にリビングなどでリラックスして、使用されることを想定した映像で構成されている。


[Watch the iPad video]


家庭用パソコンの購入形態についてさほど詳しいわけではないが、液晶テレビなどの普及により、昔と比べてかなり様変わりしている。

家電量販店の店頭を見る限り、モニタと本体が別になっている従来型のデスクトップ機は少なく、ノート型とポータブル型(ちょっと前のミシンみたいなヤツね)が主流を占めているようだ。

あの形を見れば、メーカが外に持ち出すことばかりを考えて小型軽量化したわけではない、というのは容易に想像できるだろう。

オフィスなどでも、退社時には畳んで引出しに収納できるノートパソコンの方が、セキュリティ上有利であることは以前から指摘されていた。(引出しにカギかけてないのは想定外、というのはお約束)

過去20年以上にわたって、低価格化と処理能力の向上に重きを置いてきたコンピュータ業界である。テキスト主体だった文書には絵が入り写真が入り、果ては動画と音声だ、つぎは3Dだというように、機能面では多くのものを手に入れたが、それに伴う負荷も大きい。

以前は、パワフルなデスクトップ機の主戦場であった高負荷の処理も、最近では大半をノート型でこなせるようになった。なにより、コンピュータの前に出向いて作業する必要がないのがありがたいが、増大する記憶容量とともに持ち歩くデータ総量も相当なものである。

ユーザの視点から見れば、馬力もあって大きな荷台のトラックに買い替えた途端に、荷主から「それぢゃあ、もう4トンほど荷物積めるだろう」といわんばかりに負荷も増やされたようなもので、多くの容量・機能と引き換えに、快適性はそれほど向上したようには感じていない。

もちろん、「iPad」も現時点ではそのようなオフィスでの業務用途までは、想定していないと思う。

しかし、一般家庭ではどうだろう。

クラウドやホームサーバの機能強化を想定するまでもなく、家庭内で個人が普段取扱うデータ量の平均値は、それほど高くないはずだ。

家庭用デスクトップ機に替わる機能面での提案という点では、キーボード付きドックぐらいしか純正アクせサリには示されていないが、今後発表されるであろうサードパーティ製品も含めてその方向へのアプローチが増えるだろう。

やれメディアリーダがないとか、入出力インターフェイスが限られるとか、硬直した従来機器の延長線上での捉え方では、マイナス面にしか見えないかもしれない。

しかし、アップルにはそれまで当たり前であった拡張性を無視したり、フロッピードライブ非搭載だったり、メディアの差し替えを否定したり、という前科は山ほどある。

そういう点では、今回も1984年の 初代 Macintosh、1998年の iMac、2001年の iPod 発表時に似た状況であり、それに対する反応も同様である思う。

その程度のことは、ワイヤレス(Wi-Fi、Bluetooth、3G)機能で解決できるし、そのうちデジカメにも無線機能が標準搭載になるんぢゃねえの、ぐらいのことは考えているに違いない。


最近売り上げを伸ばしている、フォトフレーム的な使用方法は「iPad」の得意とする機能のひとつだし、小型軽量のフォトフレームだって常時バッグに入れて持ち歩いている人は少ないと思う。(バッテリ駆動可能なものが、どの程度あるのか全く知らないけどね)

そんな、普段は家庭内の常設機器と同等以上の機能を持ちながら、いざとなったら持ち出す事もできるということは、大きなメリットではあるまいか。

ただ小さくて軽いから、即モバイルだという安易で短絡的な考え方や、追加ソフトで拡張できる機能面においても、標準搭載の機能だけで判断していては「iPad」の本当の姿は見えてこない。

しかし、正式発表前には人一倍懐疑的であったにもかかわらず、なにをムキになって「iPad」を擁護しているのだろう。

う〜む、 自分でもまだよくわからないが、なにかが変わるキッカケような気がしてならない、胸騒ぎのする今日この頃。

……ということで、ヒトツよろしく。

2010年02月某日 Hexagon/Okayama, Japan