Hexagon Technocrat 更新情報:2013年上半期

 
 

2013年06月

[2013.06.14] iOS 7 こそアップルを代表するもの、…なのか?

早速、彼方此方であらゆるツッコミが入っている、アップルの新プロダクツ。特に、iOS 7 に対するモノは期待が大きいだけに、その反動も大きい。

これに比べりゃ、あの奇っ怪な Mac Pro に関するものは微笑ましい程度で、その実態が明らかになるまではツッコム方も戸惑いがちである。(フィル・シラーでさえ興奮気味で Thunderbolt 2 を FireWire 2 と連呼するぐらいなんだから)

iOS 7 に関して擁護派は、旧来の豊かなテクスチャーやギミックの類、木目、リネン、贅沢なコリント風レザーなどをすべては見かけ上のものであり、人工甘味料のようなモノでしかない、と一刀両断である。

立体的に見えるレイヤーを称賛し、位置や奥行き、広がりといった感覚があり、ケバケバしいだけの他社の後追いなどでは決してないとして、ペラペラなアイコンデザインの必然性までも正当化しようとしているようだ。

ただ、あのレイヤーだって各種センサーによるデジタルギミックに過ぎないのだから、人工甘味料的な要素に関しては目くそ鼻くそレベルだとろうし、やたら細い書体で見た目のスッキリ感を演出するのも結構だが、ユーザが操作を迷わないことの方が重要だと思うがね。

たぶん、あれは iPhone を傾けたときだけで、自分の顔を動かしても同じ効果が得られるなどとは、期待しない方がよいだろう。

前回も書いたが、問題はそれがいかに機能するか(how it works)であって、機能面においては iOS 7 も確実に進化していることは認めよう。

しかし、その機能にユーザを導く手段であるアイコンが、あまりにも未完成なのはいただけない。プロダクトのトップがデザイナーでありながら、アイコンの本来の機能をまるで忘れてしまったかのように感じるのは、なぜだろう。

その機能名や文字による説明がなくても、直感的に分かることがアイコンの役割だったはずであり、ただのボタンやスイッチとの大きな違いである、と個人的には認識していたんだが、どうも最近はその概念も薄れてきたように見える。

だれが Photos のアイコンを見てそれが写真だと思うのか、Game Center と一見して区別するのは難しいと思うし、かといってゲームが連想できるわけでもない。(シンプルにするならチェスの駒あたりが妥当ぢゃね)

Safari にコンパス(磁石)のアイコンなんかを採用した時点で Compass のアイコンデザインに苦慮するのは明白なんだから、ある意味自業自得であろう。(Safari という名称の採用にどんな経緯があったのか、全く知らないけどね)

個人的には、特に新しい iOS 7 のアイコンにはもっと色々とツッコンでみたい気もするが、すでに各方面から真当な意見も多く出ているようなので、ここはヒトツ静観することにしよう。

しかし、あえて苦言を呈するなら、機能面ではなくルックアンドフィール側において、デザイナーとしてのサー・ジョニーはこの数ヶ月間、何をしていたんだろうと思う。

会場でフェデリギがゲーセンのグリーンフェルトをからかった時、さも嬉しそうに拍手していたジョニーの姿が映し出されたが、ただ単にスコット(フォーストール)臭を消しに係っていただけではないのか、という疑いさえも湧いてくる。

ま、ぶっちゃけ iPhone や iPad がどうなろうと、知ったこっちゃない。

未だに iWork における、アプリごとにファイルが分断されている根本的な問題点を、ファインダのタブやタグによる検索機能にすり替えて誤魔化そうとする姿勢には、正直ムカついた。

iCloud の Web 上での編集機能でさえ、実現可能な技術的観点からの発想に過ぎず、ユーザサイドの使い勝手から考えられたものとは到底思えない。

アップルが早急にやるやるべきことは、iWork(Pages, Numbers, Keynote)の統合と、ペイント&ドロー機能の追加であるはずだ。(ついでにいえば、プレビューとテキストエディットもだし、メモとリマインダの編集機能改善、iTunes をなんとかしろ、…とキリがなくなるので、このへんで)

Android の分断化を笑っていられる立場ではないほど、OS X も内部ではコマギレ状態なことに気がついていないとしたら、よっぽど間抜けでバカ野郎な連中である。

整合性という観点から危惧されるのは、いずれ訪れるであろう OS X Mavericks に対する影響であり、いったいどう折り合いをつけるのか、という一点だけである。

現在に比べて、グラフィックスが遥かに稚拙な頃から使用しているユーザから見れば、あんな薄っぺらなおぞましいデザインを 1024×1024 もある Mac のアイコンにまで持ち込まれたくはない。

昔の Adobe と最近の CS アイコンを見れば、如何に手抜きかよく分かるだろう。あんなモノは、デザインなどではない。

ましてや、ダイアログの背景などに文字が読みにくいだけのグラディエーションや半透明、無意味なだけでなく悪趣味でしかない動画を多用した、まるでかつてのウィンドウズ的要素など、一歩間違えるととんでもないユーザインターフェイスに成り下がる恐れもある。

もしも、そんなモノが Mac に持ち込まれた暁には、もちろん黙っているつもりはない。(うわ〜、エラそうにぃ)

…ということで、ヒトツよろしく。

2013年06月某日 Hexagon/Okayama, Japan


[2013.06.11] WWDC 2013

第24回年次開発者向けカンファレンス「WWDC 2013」(Worldwide Developers Conference)が、米国時間6月10日に開幕した。新製品発表のイベントとしては、実に7ヶ月ぶりである。

その基調講演において、Mac OS 10.9(Mavericks)、iOS7、Mac Pro などが発表され、ついでに本日より国内でも販売される MacBook Air のマイナーアップデート版、新しい AirMac Extreme、Time Capsule なども紹介された。(…が、国内価格は軒並み値上げラッシュの様相を呈している)

英語な上に、とぎれとぎれになるストリーミングライヴで見た OS 関連の印象は、あまり芳しくない。

ま、実際に操作してみないことにはハッキリ言えまいが、見た目のシンプルなデザインとは裏腹に、(必要かどうかは別にして)機能が増えた分、複雑且つ煩雑な操作を強いられるように見える。

また、シンプルに見えるのは新しく採用されたヒョロッちいイトミミズのような書体によるものが大きいが、あらゆる言語、特に日本語版のユーザにとってそれがマッチするのか、どうもあやしい。

時流に合わせて、文字どおり次のステップに移ったのだろうが、果たして広く一般に受け入れられるモノなのだろうか?

何年か前に、スティーブが語った「表面的な見せかけをデザインだと考えているなら、大きな間違いだ。デザインとはいかに機能するか(how it works)ということなのだ。」という言葉が思い浮かぶ。

ちなみに、一時はパンサー、タイガー、レオパルドと続いた戦車シリーズも今回から路線変更したようで、マーヴェリックの次はサイドワインダー、トマホーク、パトリオット(とりあえずレイセオンばっかだけど)という方向に行くのだろうか?(…なわけねえか)

追記:06/14

もひとつちなみに、今回の新製品の中で比較的早期に手に入るモノ、AirMac Time Capsule を取り寄せてみた。

AirMac Extreme と同サイズの筐体とその重量差から、1TB プラッターの 3.5 inch であると確信していた。が、あのサイズの筐体にどうやって 3.5インチ HDD をねじ込んだのか、という個人的な興味からだったのだが、…。


サイズ的には全く同寸法なんで、このままではぜって〜入るわけがない!

…と、単に斜め(対角線)に入れただけでした。


右の写真は iFixit より

しっかし、Mac Pro といい、AirMac Time Capsule といい、そこまでヤルか、という(よい意味でも悪い意味でも)ひさびさにアップルらしさを垣間見た気がする、今回の WWDC でした。

…ということで、今月もヒトツよろしく。

2013年06月某日 Hexagon/Okayama, Japan

2013年05月

[2013.05.19] iTunes のアップデート

いい加減にインターフェイスをつつきまわして、使いにくくするのはやめてくれまいかと思う、毎度おなじみの iTunes のアップデートである。

前バージョン iTunes 11.0.2 (26) からの変更点は、以下のとおり。

◎新しいミニプレーヤー
アルバムアートワークを見せるために美しくデザインされた新しい表示が含まれます。また、ミニプレーヤーに進行状況バーが組み込まれました。

◎改善された“曲”ビュー
“曲”ビューでアルバムアートワークを楽しめるようになりました。

◎複数ディスクのアルバム
複数のディスクで構成されるアルバムが 1 枚のアルバムとして表示されます。

ミニプレーヤーに関して、奇妙な日本語で説明されている。たぶん、「アルバムアートワークを美しく見せるために、新しくデザインされた表示が含まれる」ということを言いたいのだろうが、あの狭いミニプレーヤの左隅に申し訳程度表示されたアートワークに、さほど意味のないことにやっと気がついたらしい。

ただ、以前はその部分をクリックすることで拡大表示や進行状況などは表示できていたし、拡大表示では画面の縦幅いっぱいに拡大することもできていた。今回は、わざわざその拡大率を 512×512 程度までに制限をかける改悪をしてみただけである。

改善された“曲”ビューと称する内容は、単に ver. 10.7 ではボタンによりいとも簡単に切替えできていた表示モードを、より複雑な操作および設定変更で、表示する機能を回復したに過ぎない。

それも簡単に行えるボタンや環境設定の機能追加などではなく、曲表示モードからの表示オプションによる切替えなので、各プレイリストごとに何度も変更しなければならないように、煩わしい操作をユーザに強いることは忘れていない。

また、複数のディスクで構成されるアルバムが 1 枚のアルバムとして表示というのは、よもや、そんなこともできなかったのかと思えるほど、一見ではよくわからん改良(バグ修正?)である。

組モノの場合、適当にリッピングしてネットからの情報で得られるアルバム名をそのまま使用すると、たいてい1枚目と2枚目に異なる名称が入ってしまい、アルバム名順のリスト表示などでは、遥か彼方への生別れになってしまうパターンが多い。

面倒でも、アルバム名を各ディスク全てで統一し、ディスク番号を入れておけば以前から正しく2枚組と認識していたが、その点を改善してくれたワケではない。正しくディスク番号が入っている場合に限り、アルバムビューで2枚組などのセットの内容の冒頭にディスク1、ディスク2と表示されるようになっただけ。

これとて単に改行位置が変わって、見にくくなっただけのような気がするが、11.0.2 からなんにもしないよりはマシという程度か。

ま、いずれにしても旧バージョンから機能を削ったり、あちこちを一度使い難くしておいてから、徐々に以前の機能を復活させるという、変更点を検証しているうちにアホらしくなってくるような、最近のアップルにありがちなアップデートである。

残念ながら、iTune 10 レベルまでの復旧の道は、未だ遠い。

以前は使うことのない日など全く無いに等しかった iTunes も、ここ数ヶ月は起動しない日が多い。iPhone や iPad が独自にアップデートできるようになったからとか、そんな単純な理由からではなく、ここ最近は音楽を聴く機会も激減したような気がする。

F1-GP 以外で、積極的にテレビを見ることをやめて20年以上になる。新聞・雑誌類の購読は15年ほど前からないし、ここ3年は新たな CD や DVD の購入はおろか、レンタルも利用していない。

ただ今はもう、BGM さえもない静寂の方が、よっぽどありがたく感じる。やっぱ、歳かなあ。( º-º)>

もちろん、経済活動、消費行動そのものをやめたわけでなく、方向が変化しただけで、財布は一つしかない。


おや、どうしてこんなところに DP1 Merrill が…?。

…ということで、今月もヒトツよろしく。

2013年05月某日 Hexagon/Okayama, Japan

2013年04月

[2013.04.17] 写真のモチベーション

DP3 Merrill を使い始めてから、しばらくは触る気にもなれなかった Olympus E シリーズ。

長年、飽きもせずに使用してきたおけげで結構手に馴染んではいるのだが、超絶高画質な新人を前にして最早出番は無いかに思われた。

前回、「まともな一千万画素を作り出すためには、三千万画素は最低必要だ」てなことを、独断と偏見により勝手に結論づけたんだが、それについて若干の補足。

ウラを返せば、1200万画素もあれば多少マシな400万画素ぐらいなら出来るのではあるまいか、という素朴な疑問と、ピクセル等倍での観賞は相手を選べ、という教訓である。

ま、この手のネタは本来「新・雑記/雑想」に掲載すべき内容であるが、なにせアップルに関するモチベーションは下がりきったままなので、致し方なしということにしよう。

以下、都合により別ページへ...つづく

…ということで、今月もヒトツよろしく。

2013年04月某日 Hexagon/Okayama, Japan

2013年03月

[2013.03.27] 更新のモチベーション

[2013.03.29] 更新のモチベーション〜つづき
[2013.03.30] 更新のモチベーション〜完結編

前回、サーバトラブルの状況報告のみで、2月分の更新ということにしてしまったのだが、なんと気がつけばもう3月も終わりが近い。

年度末だから忙しいというわけでもなく、いや実際この時期ヒマだったら飯の食い上げなんだが、単にアップル関係のネタにモチベーションが上がらなかっただけで、結局は我が身の怠慢がおもな理由だ。

アップルだって、もう3月が終わろうという時期に至ってさえ、年明けから新製品は出ていない。円安に便乗した値上げを一発かましただけであり怠慢といえば相当に怠慢であるから、みんなアップルが悪い、アップルのせいである。

ま、言い訳にもならないが、だいたい iWeb での更新なんざ「顔本」や「さえずり」のように、思いつきだけで「今何してる〜」ってなノリでチョコチョコッ、というわけにはいかないんである。おのずと長文・大作になるようなネタでも無いかぎり、筆が、もといキーボーが遠のくのは私のせいではない。(と、思うな)

で、そんなアップルのことは放っておいて、全く関係(無くもないが)ないデジカメネタで、書いてみる。

はたして、モチベーションは維持できるのか。挑戦である。

以下、都合により別ページへ...つづく

…ということで、今月はもう後がないので来月もヒトツよろしく。

2013年03月某日 Hexagon/Okayama, Japan

2013年02月

[2013.02.06] 山猫サーバ導入に伴い、設定変更…に伴い不具合多発!

OS X Server 10.8 ver. 2.2.0 -> 2.2.1

+1,700円とたいへんお安くて良いのだが、相変わらず設定がわかり難い。 ver. 2.2.0 で始めたのがまずかったのかもしれないが、 獅子サーバに対するアップデート直後から、いっそ素の 10.8 に戻そうかと思うくらい、問題が多発。

とりあえず、設定作業中にアップデータが出たんで、なんとか気を取り直して継続してみることに…。

GUI で全てできれば大したもんだが、結局最後はターミナル経由須藤さん頼りになっちまうのはいただけない。vi の使い方なんぞ完全に忘却の彼方で、ヘルプ、ヘルプ、の連続、作業効率が悪いっちゃあない。

だいたい、以前のバージョンから Time Capsule に対する自動設定はあまりにもいい加減で、後から手直しする手間を考えたら、余計なことはしてくれないほうがありがたいぐらいだ。

せめて、日本語のマニュアルでも充実していればヤル気がおこるんだが、こちらもスノレパ以降ヘルプドキュメント程度しか提供されていないようで、いくら安いといっても手抜きが過ぎる、と思うな。

ま、しばらくはあっちやこっちに不具合が発生すると思うけど、長い目で見てね。

…ということで、今月もヒトツよろしく。

2013年02月某日 Hexagon/Okayama, Japan


2013年01月

[2013.01.11] 画面サイズのスイートスポット

[MD528J/A] iPad mini Wi-Fi

昨年10月以来、 iPad mini について言及する機会もなかったのだが、今更のように書いてみる。

やれ、レティナでないとか、A6X でないとか、個人的にも一々ご尤もと思えるような不満は、巷でも多く聞かれた。元来、アップルはプレミアムなモデル、尖ったモデルの演出がヘタクソなメーカである。

およそ理想的なスペックなどというものは、端から見ればその時点で実現可能なモノを適当に組み合わせれば実装出来そうであっても、技術的、政策的な問題などで、そう簡単にはいかないのだろう。

何かを犠牲にすれば実現可能であったとしても、アップルの考えるフォーカスエリアから外れていればバランスの方が優先される。特定のユーザからは如何に魅力的に見える機能であっても、不要と判断されたら遠慮なく切り捨てるのがお家芸のようなメーカであり、なかなか希望通りの製品になることは少ない。

かつて、スティーブが全否定した 7 インチ(厳密には 7.85 インチ)サイズだが、それなりに人気はあるようだ。未だにモデルによっては、予約しても2〜3週間待たされるのはザラで、ふらっと立ち寄った店で衝動買い、という状況にはないらしい。

発売開始日に入手して2ヶ月近く iPad mini を使用してみて分かったことは、確かに軽くて持ち歩きには最適な iPad であることは間違いないが、その主たる理由は重量であり、決して画面サイズではないということだ。

もちろんサイズの点でも小さいことは歓迎であるが、それは使用していない(運んでいる)時だけで、使う時は(当たり前だが)大きいほうが良い。といっても、バカみたいに大きけりゃいいってもんでもない。

以前、27 インチ画面を前にしながら、文章入力にあえて MacBook Air 11 インチモデルを使うというようなことを書いたが、どうも画面サイズに関しては、そのシチュエーションによってスイートスポットがあるような気がする。

20 インチ以上の画面が威力を発揮するのは、やはり複数ウィンドウを参照しながら、平行作業を行う必要がある場面だろう。全体のバランスも掌握しておきたいが、時として資料のディティールまで検証したい場合、やっぱ大画面による作業効率は捨てがたい。

しかし単一作業、たとえば文書作成に集中したい場合や、リラックスして文章を読みたい場合などは 15 インチさえも必要なく、10 インチ程度で十分である。個人差もあるだろうが、新聞を1メートル以上離して読むような人がいないのと同様に、一度に視野に入り処理できる情報量はある程度限られる。

専ら PowerBook 17 インチを購入していた時代は、その当時の画面解像度から必要とされる情報量が、そのサイズを選択させていたようにも思える。いまや、その情報量は15インチ以下で得られるようになり、iPad Retina でさえそれを遥かに上回る時代だ。

加えて、網膜ディスプレイの名の通り、視力の限界を超えてしまえば後は目から距離と視野角のみが、その最適サイズを決定づける要因となりえる。

したがって、もし重量を全く無視できるレベルまで技術革新が進めば、視聴距離が 50 センチ内外のタブレットのようなディバイスにおいては、おそらく対角 12 インチ(2560×1600)程度が落着きどころではあるまいか。持ち歩きが前提のモバイルディバイスもポケットに入る必要のないものは、たぶんベゼルレスを前提とすれば、9 インチ前後で実現できるはずだ。

実際、自宅や会社において、手近に 9.7 インチレティナがあればわざわざ 7.85 インチに手が伸びることはあまりない。7 インチサイズというのは、あくまでも現時点で実現可能な技術的問題(主に重量だな)から、脚光を浴びているように思える。

この点においても、やっぱりスティーブは正しかったと言える。要するに、フルサイズの iPad が iPad mini 程度の厚さや重量になれば、個人的には間違いなくそちらを選ぶ。仮にこの先、iPad mini Retina が発売になっても、この印象はたぶん変わらないだろう。

業界では競合他社とのシェア争いに関連して、矢継ぎ早に発表される技術革新をいち早く製品に反映させるべく、更新頻度を高めることに肯定的な意見が多いようだ。だが、アップルのシェアなど、製品を購入したユーザにとってはどうでも良いことだ。

まいど、自社製品の需要に対する供給という点において万全とは言いがたい企業である。にもかかわらず、今後ロクな供給能力も確保できないまま、安易にラインナップを増やしたり、新製品への更新期間を短縮したりで、購入した製品が短期間で現行ライン落ちになるようでは、ユーザの購買欲はあまり湧いてこないと思う。

ちなみに余談であるが、パチ物生活に嫌気が差して、20年来愛用し先日止まってしまった時計を、ついにオーバーホールした。慣れというのは恐ろしいもので、腕から外した当初は真直ぐ歩けなかったぐらいである。

で、大枚と引換えに外装も新品同様にピカピカに磨き上げられ、やっと我が右腕の定位置に戻ってきたのだ。その重量といえば、俄に信じ難いことに iPhone 5 より 20g 以上重たいのだが、これほどシックリくる感覚も他にない。

コモディティ化が進んだ腕時計などと異なり、所詮、使い捨てのハイテクディバイスなど、2〜3年もすれば産業廃棄物になるようなモノでしかない。そんな製品に過大な期待をすること自体、大きな間違いなのは十分承知している。しかし、低価格化が進んでいるとはいえ、それを使用していく上でユーザが支払う総額は、決して安いものではない。

少なくともアップルが、デザインや満足度をウリとして販売戦略を展開するのなら、中途半端な製品で更新頻度を上げるより、せめてもう少し長きにわたって使用しても、満足できるような製品開発を望みたいもんだな。

…ということで、ヒトツよろしく。

2013年01月某日 Hexagon/Okayama, Japan


[2013.01.02] iTunes 11 その後

iTunes 11 ver. 11.0.1 (12)

本来ならば、新年早々に相応しいお目出度き話題を、というところだが、生憎そのような話に恵まれた境遇でもないので、昨年末からの流れで iTunes 11 に対する、ツッコミ第3弾。

というか、ツッコミどころが多すぎて、実際には第何弾だったかも覚えていないのだが、とりあえずおおむね第3弾ぐらい、…ということでひとつよろしく。

前々回の、追記事項:環境設定内の詳細にある「〜常に手前に表示」を選択、に関する補足みたいなものだが、延いては Mac OS (OS X) のインターフェイス全般にもおよぶ問題点に関連した、壮大な話になってしまいそうなので、なるべく iTunes 11 に限定した項目に留めること、を努力目標に書いてみる。

いずれにしてもアレゲな話になりそうなんで、正月ヒマで死にそうな人だけ、おつきあいを…

以下、都合により別ページへ...つづく

…ということで、ヒトツよろしく。

2013年01月某日 Hexagon/Okayama, Japan


[2013.01.01] Happy New Year!!

訳して、謹賀新年♪。

とりたてて、何が目出度いというわけでもないのだが、正月から仏頂面というのもアレなんで、とりあえず笑顔でおめでとうさん。

従来より、アップルに対する個人的な苦言や不満を書き散らかしてきたのだが、これからも相変わらずこの路線は継承されるんぢゃないかな、たぶん。

すでにアップルからも見捨てられ、その不具合も我慢の限界に近づきつつある、バグだらけの iWeb ver. 3.0.4 と戦いながらいつまで更新を続けることができるのか、全く以て不明であり予断を許さない状況である。

ま、 もともと MobileMe 終了以前から、更新のたんびにフツーではとうてい思いもつかない、ありとあらゆる問題を発生させて、使うものを飽きさせない曲者ではある。

あのブログも、そんな本家がイザという時のバックアップな意味合いが強い。いっそ全面移行するのも手なんだが、なにかと面倒だし、ぐーぐるだし、今ひとつその気にもなれない。

で、今年も「人間辛抱、贅沢は敵、面倒は嫌だ」をモットーに、力一杯ぐあんばる所存であります。

…ということで、本年もヒトツよろしく。

2013年01月吉日 Hexagon/Okayama, Japan



◎ 2014年〜後半の雑記へ

◎ 2014年〜前半の雑記へ

◎ 2013年〜後半の雑記へ

◎ 2012年〜後半の雑記へ

◎ 2012年〜前半の雑記へ

◎ 2011年〜後半の雑記へ

◎ 2011年〜前半の雑記へ

 

2013年上半期