2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、iPhone 5 による車内から写した狐の嫁入り。日は照っているものの、これでも結構な勢いで雨が降っている。

上は、レベリングベースがあるとはいえ、かなり三脚の立て方がいい加減になってきたことを、如実に物語る現場写真のひとつ。

アクセサリーシューに付いているのが、今回のネタである HCL-35420 で、写真では上側になっている縦位置用の精度がイマイチ。

下は、一応完成の域に達したことになっている、Sunwayfoto Pano-3 相当品のテスト風景。セッティング自体はまだ厳密に行っていないので、結果を披露できるものも未だ無い。この時点ではまだ雨は降っていないが、空模様は既に怪しいことになっており、正味30分ほどで撤退。

今回は、ほとんどが iPhone なんで撮影データは省略、いずれも HDR をちょいレベル補正。

…ということで、ヒトツよろしく。

上は、そのアップ。DMC-200 の使い方は、お手本と逆で裏返しになっているが、この方がスケールの目盛り同士が接して合わせやすい。DDH-03 & DDY-58 だと、ティルト方向を変えるときに動きが軽過ぎてよけいな気を使う。やはり、DDY-64i を奢ってやった甲斐もあり、ティルトクランプは動きの渋いデスモンドが正解。

この手の水準器に関しては、もちろん当たりハズレもあるが、実際に自分のカメラに取付けてからでないと、その良し悪しの判断は難しい。使い勝手を考慮すれば、UNX-5685 を推したくなる。ただ、もう少し安けりゃ迷わないんだが、個々の価値基準を度外視しても、千円以上の差に見合う違いがあるかと問われたら、即答できない。

ちなみに、HCL アマゾンではビックカメラの扱いで単品だと送料がかかる。仮にポイントを無視しても、同価で送料のかからないヨドバシの方が、トータルでは安い。ポイントがたまっていたので自分はヨドバシで買ったけど、どうしてもアマゾンでという人は、あえて止めないけどね。

ヌーちゃんが教えてくれた、虹、にじ、ニジ。

たぶん、あの時目の前を横切らなかったら、そのままその場を離れていたに違いない。ちゃんとした撮影の態勢が出来ていなかったのは、こちらの責任だ。


で、下がその2枚を PSE8 で繋いだモノで、2枚で JPG なら 3MB 少々だが、DP3M の撮影データを使ったものは、3枚でも PSD で 270MB とかなり巨大になる。とりあえず PNG にしてみたが、それでもまだ 70MB 越えだ。あまり圧縮率が高くても意味がないので、今後その辺のところもどうしたものかと思案中。


ま、今回はテストということで、元データも撮って出し JPG だから、いつもの単品写真と同程度の 13MB ぐらいになるよう圧縮をかけてみた。圧縮率でいえば 1/12 だが、いったいどの辺が落とし所になるのか、画像サイズとデータサイズの正しい関係は、今少し調べてみる必要はある。

残っていた手前の田んぼも刈入れが始まったので、次回来る時にはスッキリしているはず。それにしてもかなり倒れているが、何処も機械化が進んでいるようなので、昔のような苦労はないのだろう。向こうの山々には既に雨雲が…。

これは、iPhone 5 による虹の写真(横2枚)を繋いだもの。よく見たら、手前にうっすらともう一本あるようだ。おそらく、アングルを変えればもっと多彩なバリエーションの撮影も可能だろうが、そんなに待ってはくれない。その上、いつ遭遇するか予測もできないから、特急電車よりは難易度は高い。くそ〜、雨さえ降らなけりゃ…、あ〜それなら虹も出ないな。

こちらは、DP3M で撮った定点観測(縦3枚)も繋いでみた。フォーカスはマニュアルにしたものの、絞り優先のままだったので露出が揃わない。少しアンダー目にして、固定で撮ってから現像時に調整するのが、たぶんお約束なはず。

今回はテストということで、撮って出し JPG 無修正のまま。よって、色もムチャクチャだしつなぎ目もバレるよな。

さて、たった3枚でさえこの巨大なデータ、画角でいえば60°ちょいの、ぶっちゃけ DP1 Merrill のワンショットと大きく違わないのだが、はたして用途はあるのだろうか? ま、それでも何となく雰囲気はあるような、ないような…。

おそらく、撮影者と被写体の役不足、いや力不足か。基本的なこともよく分かっていないので、まだまだこれからである。

[PR]AMAZON

リンクバナーは、キャッシュクリア&リロード

で最新情報に更新がお約束