2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Watch, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


DP1M2622:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.0 1/500sec AAE AWB Lands.

DP3M5921:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f5.0 1/400sec PAE AWB Landscape

後半は、ロクな写真がないので DP3M による大山で、お茶を濁しておく。雲が多いのが残念であるが、この時間ならまだ絵にはなる。この地方は過去何度となく訪れているが、あらためてよく見るとなかなかカッコいいお山である。この辺りに住んでいたら、定点観測のターゲットには、絶対この山を選ぶに違いない。

DP3M5927:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec PAE AWB Lands.

DP1M2627:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/500sec AAE AWB Lands.

上は、DP3M による境線の後藤駅構内。遙か彼方に見えるキハ120 が入線するのかと思ったら、ホームには入ってこなかった。で、下がその回送列車のキハ120-356 の DP1M 版。何度か構内を行ったり来たり走り回っていたが、ブレーキ試験でもやっていたのかもしれない。

DP1M2629:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE AWB Lands.

上は、DP1M による後藤総合車両所(旧後藤工場)。ここからも、彼方に大山が見える。グーグルによると、この場所にサンライズエクスプレスが居たはずなんだが、甘かった。午後3時半頃なら f5.6 でも 1/400~500 秒が切れるので、光量としては十分だが、季節のせいか夕暮れ時にしか見えない。下は、その一時間後、意地になってなんとか境港までたどり着いたのだが、もう日没が近いので境港大橋を撮る余裕もない。それにしても、広角の周辺歪曲がよくわかる写真だな。

DP1M2629:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE AWB Lands.

DP1M2636:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/100sec AAE AWB Lands.

で、上は七類港の先にあるフェリーターミナル。景観を無視した建築物の典型のようだが、他所から訪れる者の勝手な見解であり、地元にとっては大きなお世話なのかもしれない。

観光案内によると、「宇宙、その未知の空間に思いを馳せながら・・・メテオプラザで過ごす時間がきっと貴方をかえてくれる。」だそうだが、いくら隕石が落下しようが宇宙船が停泊しようが、七類港と宇宙を結びつけるのは難しい。

下は、その対岸にある半島まで、開けた日本海の絵を期待して足を延ばしたが、車で海側に行ける道は無く、見えるのは背後の不気味な風景のみである。映画コンタクトのタイムカプセル発車場並の規模でもあれば面白いのだが。 ま、明るい日中なら、少しは印象も違ったのかもしれない。

DP3M5942:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f3.5 1/100sec PAE AWB Lands.

左と上は、悔し紛れの日本海。

左は拡大すると、彼方に隠岐の島らしきモノが見える。ここに限らず、ローカルな地域では簡単に車で行ける、海に面した道は意外に少ない。

いずれも、1 秒以上の露光時間で、さすがに三脚を出したものの他に撮るべき絵もなく、むなしく帰路についた。

DP3M5954:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1.3sec AAE AWB Lands.

DP3M5948:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1.0sec AAE AWB Landscape

どうやら、ここが今回の終点のようだ。

DP1M2615:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE AWB Lands.

冒頭の写真は、米子市内に入る前、県道316号線から臨む大山。水平も怪しいので、拡大はなし。

上は、その縦版で、月も欲張ってみた。

もう少し雲が移動するまで待って撮るべきなのだが、わたくし先を急ぎますので…。

下は、その手前の県道254号線。天津橋と名前が表記された、橋から見た大山、…と電線。(^^)