2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、撮影現場の縮尺というか、広さを実感するために撮った「自分撮りなどしながらくつろぐオヤジ」みたいなモノ。で、上の写真は、布原信号所近くの「橋の上でくつろぐミニ」。

下の別アングルからの一枚は、最近お気に入りのデスクトップピクチャの素材になった。


以下、小さい写真はすべて布原信号所付近の光景。撮影データ等は、クリックでオリジナルサイズが表示されるので、そちらを参照してね。

キリンビール工場リベンジ:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/30sec AWB Landscape

前回の、いかにもあやしい水平レベルの原因が水準器(HAMA5411)にあったことが判明。こんどこそバッチリ水平が出たんだが、天候のせいか時刻のせいか、絵的にイマイチなのがツライところだ。

水平/垂直の基準に、電信柱がいかにあてにならないか、がよく判るな。


Flickr へも何枚か揚げているんで、おヒマでしたらこちらも、ヒトツよろしく。

http://www.flickr.com/photos/hexagon-tech/

キリンビール工場の夜景リベンジ:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f8.0 15sec AWB Landscape

ついでに夜景もリベンジ。ちなみに、夜景の右上にある点線は上空を通過する旅客機によるもので、長秒露光のノイズは酷いがこれだけが救い。

キリンビール工場リベンジ2:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f8.0 1/2sec AWB Landscape

で、それではクヤシイんでもう一枚。上の写真からほんの20分少々待つことで、これだけ変わる。キリンの赤い看板も暗めな背景によってクッキリするし、田んぼの立札も少しアングルを変えれば、さほど目障りにならない。 日没直後は空がレフ替わりになって光が廻ってくれるが、それほど長い時間でもないんでうまくタイミングが合えばシメシメである。 これで、左端の鉄塔がなけりゃなあ。ま、やりようによってはもっとドラマチックにも出来るんだが、一応比較のために同じようなパラメータで現像してみた。