2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、ついに DP1 Merrill から Sunwayfoto  PML-DP を奪い取った DP3 Merrill の雄姿。ついでに、ステップダウンリング(62-58mm)を介して Olympus E-620 からも C-PL フィルタを奪取。フード先端に取付けるのも如何なものかと考えたが、結果的にフードを外さなくても角度が変えられるので、まっいいかである。


上の2枚はフードを付けたままでは、レンズキャップもできないという?な仕様の DP1 Merrill に対する、姑息作戦の一環。

52-49mm のステップダウンリングをボンドでくっつけて、標準キャップを装着してみた。が、黄色い G-17 は失敗だったな。


おまけに、C-PL ヴァーニアまで奢ったものの、こちらはフード内で見た目の収まりは良いのだが、やっぱり角度調整は面倒くさい。

時には邪魔にしかならない鉄塔:SIGMA DP1 Merrill 28mm @ISO100 f5.0 1/400sec AAE AWB Foveon Classic Blue

まいど注意深くフレーミングしたつもりでも、小さな液晶画面で良く見逃すのが電線と鉄塔だ。撮影現場に iPad や MacBook まで持込んで検証するべきなのか、姑息な横着者にとってはいわゆるひとつの試練である。

Sunwayfoto DPG-39

で、使いにくい SIRUI L-10 の欠点をカバーするために、どちらの角度でも取付可能なアルカ互換のシュープレート。


いっそ、みんなこの形になれば便利なのにと思ったが、TY-60 などと比較してやはりサイズ的に色々な面でムリがある。方向によっては脱落防止のピンが機能しない場合もあるので、位置決めにはある程度の制約がある。


が、その辺を割切って使えば、1/4 インチネジ穴も2ヶ所あり、クリックプレート無しの環境にもそのまま対応できるなど、製品としては満足できるものであり、 利便性は高い。