2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、しつこくリベンジを繰返してみるものの、なかなか思うような写真が撮れないキリンビール工場の撮影現場。


ロケーションとしては、何度も通い絶好のポジションを見つけたのだが、現場での確認環境も整備しないと、些細なミステイクによるボツ写真を量産するだけになってしまう。ましてや、そう気軽に行くことが出来ない場所では、後悔も一入である。


上の写真は、一連の伯備線沿線に赴いたとき、久々に出番を得た E-620 の雄姿。

が、結局現場でのスナップ程度にしか使えないことを再確認したのみで終わった。すなわち、これを撮影した iPhone 5 で十分という結論。


ま、そのことが前々回の「デジタル時代のカメラの進化」を書くきっかけになったのだが、もっとマシな一眼レフを使用しているユーザから見れば、失礼な話だったかもしれない。


で、以下はフリッカーにも揚げている、布原信号所の続きと隣の備中神代駅構内。クリックで原寸に拡大は、毎度のお約束。

たまにはモノクロ:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8
@ISO100 f4.0 1/800sec PAE AWB Monochrome

下3枚:布原駅と通過する特急「やくも」

いずれも DP1 Merrill の一脚撮影。詳細データは各 Exif を参照ね。

上:第22西川橋梁

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8 @ISO100

f7.1 1/320sec PAE AWB Landscape

デゴイチ三重連の写真で有名を馳せた、第23西川橋梁のひとつ川上にある鉄橋である。

昔の橋脚の表面は味わい深いレンガだったように思うが、今はただのコンクリで風情がない。


下:布原駅の半分枯れかけた花

SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100

f4.0 1/200sec PAE AWB Landscape

花は枯れ、葉っぱは虫食い、クモの巣まで張った、およそ普通の人は撮らない写真だろうな。

上:備中神代駅

DP3 Merrill の手持ちスナップ。さすがにこれだけ光量があれば、三脚無しでも大きな失敗はない。


下4枚:備中神代駅構内

いずれも DP1 Merrill 一脚使用のスナップ。

左:芸備線、右:伯備線。備中神代駅は、芸備線の起点だが全列車が伯備線経由で新見まで乗り入れという、起点の意味ねえ〜駅である。

上と下各1枚および左2枚:備中神代駅構内

モノクロ以外は DP1 Merrill 一脚使用。

公共の場所における三脚使用は、なにかと憚られるものだが、こうも人気(ひとけ)がないと遠慮はなくなる。撮影中に特急と鈍行各1本づつ通ったが、誰も降りないし乗らない。ま、やくもは通過しただけなんで、当たり前だけど。

自分自身撮り鉄ではないので、正しい列車の撮り方など全く知らない。たまたま、通ったから写してみただけなんで、その辺のツッコミはなしということで、ヒトツよろしく。

しかし、前と後ろで全くデザインが違う上に、編成によっては色もバラバラな JR のセンスには呆れる。やっぱ、「やくも」はカラーリングも含めて、国鉄時代のキハ181系ディーゼル特急に限る、と思うな。

備中神代駅構内:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8
@ISO100 f5.6 1/160sec PAE AWB Landscape

当日は、例によって猛暑日。時折日が差すものの基本曇天だったにもかかわらず、午前中からぱない湿度と暑さ。たぶん、バラスの上はカルく40℃越えのはず。

マジで死ぬかと思ったぜい。

被写体にパワーが必要なら、これぐらい力のありそうな鉄の塊ならどうだ、ということでモノクローム現像をやってみた。 ちなみに、Foveon Monochrome は、撮影条件が悪い場合 Blue 100% のフィルタがオイシイという噂だ。

この日は珍しく早朝から出張ったので、このあと哲多町の倉木山という思いっきり地味な山の麓で見つけた清流(というにはむさ苦し過ぎて語弊があるが)へ廻った。前々回の冒頭写真の場所なんだが、その写真はまた次回以降に…。

[2013.09.03] 追記・補足:Update
DP1M1242 を例とした現像のサンプル

上:撮って出し JPG、下:RAW から現像

実際の景観はといえば、両者の中間といったところであり、ぶっちゃけどっちもどっちなんである。 現像のやり方によってこうまで変わるんだから、やっぱ RAW データを生かさないともったいないよね。

その下:DTP 完成品(Nunohara)