2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、見てのとおりただモノクロで誤魔化してみただけ。側面の露出オーバーが痛々しいが、14両編成に拘った甲斐はあったような気もする。


上は、初心にかえってローカル列車で練習してみるものの、ありふれた 115系ではやっぱつまらん。4両編成というのもどこか侘びしいが、侘寂路線でいくなら背景にも拘りたいな。


下は、小雨の降る中、砂川の土手までロケハンに赴いたのだが、この距離ではヨンニッパの大砲でもなけりゃムリ、ということが判明しただけである。また、距離が離れれば比例的に、電柱やら電線やら邪魔者が増えるし、寄れば寄ったで野放図に茂った雑草に阻まれる、という一筋縄ではいかないジレンマである。


ちなみに下の写真、あまりにも適当な構図だったので、トリミング&リサイズによる加工を行った。で、あくまでもここでの主役は、散歩中の爺さんか電柱の上のカラスであり、電車はオマケだ。

SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8
@ISO100 f5.0 1/250sec AAE AWB Landscape

↑参考上:第一ショット ↓参考下:第2ショット

机上の空論

買えるもんなら、買ってミロ!

…と、いうことでヒトツよろしく

SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8
@ISO100 f5.6 1/100sec AAE AWB Land.ED

SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f8.0 1.3sec PAE AWB Landscape [C-PL]

伯備線沿線から廻った哲多町の倉木山という山の麓で撮ったモノだが、鉄道写真騒ぎですっかり忘れられていた。PL フィルタを使ってみたが、木漏れ日の反射は下手に押えない方がよかったかもしれない。

ロケーションの探索はどんな被写体であってもそれなりの手間がかかるが、撮影中はこちらの方が遙かに落ち着く。その分緊張感もないのだが、本来このような写真こそもっと緊張感を持ってシャッターを切るべきである、という親父の声が聞こえてきそうだ。

ま、そう言われてもねえ、スズメバチでも飛んで来りゃあ、緊張しますけど…。


上のモノクロ写真、撮影データは以下のとおり。

SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/8sec PAE AWB Monochrome

哲多町倉木山、侘・寂シリーズ