2013

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPod

Bike, Mini, Audio, AutoMobile

Camera, Music, Cinema

Device, Photo, Cat

.... etc.

DP3M4497 : DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/200sec AAE AWB Land.

気を取り直して、山陽本線吉井川橋梁を3分遅れで通過する、115系電車(705M)


大雨の影響で増水しているので、旧橋脚跡は水没して見えない。 カラーリングは国鉄当時と変わっていないようだが、個人的にはかつての 準急鷲羽号(153系)の方が、目ん玉が大きくて可愛げがあったと思う。


ちなみに、カメラ内蔵の時計がけっこういい加減で、Exif のタイムスタンプが揃っていない。

撮影前には、時計を正確に合わせることも必要な作業である、と肝に銘じておこう。

この日の写真は全てだいたい、DP1M が+3分、DP3M が+2.5分ぐらいだったようだ。

…ということは、コイツは定刻通りだ。(失礼)

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


DP3M4481 : DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 2.5sec AAE AWB Land.

日の出前に列車を撮ろうとすると、こんなことになる。この暗さだとオートフォーカスはあてに出来ないのでマニュアルによる置きピン。

どう見ても、ただの失敗写真に過ぎないが、絵的には面白いので掲載してみた。

DP3M4486 : SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/125sec AAE AWB Landscape

で、これが今回の本番ショット。シャッターのタイムラグはマニュアルフォーカスなんで危惧したほどでななく、若干早めなのは撮影者の焦りであり、カメラの反応としてはほぼ期待どおり。事前に置きピンした電柱付近(厳密にはそのちょい右側あたりのバラスに合わせた)には、ちゃんとピントは合っているしブレもない。

だが、肝心の特急は被写体ブレを起こしてヘッドマークの文字も読みづらい。 前景や背景、特に電柱や架線がクリアなだけに、余計に目立つ。 全般的に見て、さほど画質は期待できないのなら、感度上げるなり絞りを開けるなり、もう少し工夫が必要だったろう。

また、太陽の角度が予想と違って完全に逆光となってしまい、車体側面は白飛びを起こしていた。 どうしても空が入るので、よせばいいのに撮影時に EV+0.3 としたことも悪影響として出ている。したがって、そうでなくてもパッとしないカラーリングがより一層地味に見え、完全な失敗写真である。風景写真としてなら、たぶん現像さえもしないだろう。

が、初めての本気写真だったので恥を承知で晒してみることにした。いや、お恥ずかしい。

DP1M1816 : DP1 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE AWB Land.

こちらは、ノーファインダで適当にシャッターを押した DP1M。タイミング的にはこっちの方が正解な気もする。DP3M も自分ではギリギリまで待ったつもりだが、やはり焦りがあったのだろう。コーナー手前のブレーキングみたいに、どちらも遅れたら取り返しはつかないことにはなる。

DP3M4483 : DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f2.8 1/50sec AAE AWB Land.

事前に練習のつもりで撮った 115系(703M)

やはり、日の出直後の光量では開放でも難しい。

そして、ピントエリアもかなり狭いが、一番の問題はシャッター速度だ。

上:DP1 Merrill/下: DP3 Merrill
それぞれの第一ショット

撮影時に同じ EV+0.3 の設定でもこれだけ露出が異なる。普段から、DP3M はマイナス補正を採用することが多い所以であろう。

上:DP1 Merrill/下: DP3 Merrill
それぞれの第三ショット

当初の予定では、瀬戸と出雲の連結部分や、この後、パンして後追いも撮るつもりだった…、が緊張からの開放で腰が抜けた。

上:第22西川橋梁(DP1 Merrill)
中:備中神代駅構内(
DP3 Merrill

下:備中神代駅構内(DP1 Merrill

ちなみに冒頭の写真は、9月6日待機中に撮った日の出直前の熊山の風景。DTP にするほどのモンでもないのだが、一応記念にということで。

上:DP1 Merrill、下:DP3 Merrill

いすれも、広島県東城町の日野原踏切付近

グリーンフリンジの扱いをどうするかで、悩んでいた時期の写真。なので、特に DP3M の色がイマイチである。

下:DP3 Merrill

北長瀬 JR 西日本博多総合車両所岡山支所

別に意味もなくただ撮ってみた、500系新幹線とプラッサー&トイラー (Plasser & Theurer) のマルチプルタイタンパー。

手持ちスナップなので水平もあやしいが、何処に基準を置くかで、微妙に変わるから難しい。

鉄道写真の場合、ただ単に水平レベルが出ていれば、いいというもんでもないだろう。ま、ぶっちゃけ正しい撮り方は、よくわかっていない。