2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、山陽本線北長瀬駅の西を通過する、サンライズ出雲の後追いショット。概ねこの日も1時間遅れで運行していたので、この時間に捉えることができた。この場所でこの時間に順光では、後追いしかない。分割された瀬戸を早島辺りで狙うか、出雲にするかギリギリまで悩んだが、ま、練習だし光量は十分だし、前回瀬戸は撮ったので、今回は出雲にした。

上は、都合7ショットの内の第1ショット。連写ではあるが、第2ショットまでに少し時間を開けて、8枚目に残すつもりだった。が、遠ざかっていく後追いでは、それも意味はなかった。それより、一脚による撮影のせいか追いかける心理からか、第1ショットでは見切っていた左上の電線が、第2ショット以降には入ってしまうという、チョンボ付きのお粗末。僅かにドヤ顔で自慢出来るとすれば、+0.7 の露出補正という読みがバッチリ当たり、現像時は全てのショットで補正無しの適正露出であった。が、これもマグレかも。

下は、その第2ショットだが、すでに左上には、かすかに電線が見える。三脚設置が望ましいことは分かってるが、なにせここは、完全に通勤通学時間帯に突入した北長瀬駅付近であり、盗撮の可能性も否定出来ない怪しいカメラを持った、もっと怪しい親父である。

DP2M0463:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB Lands.

DP2M0459:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB Lands.

DP2M0460:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB Lands.

DP2M0438:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Lands.

DP2M0538:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/125sec AAE AWB Monochrome

上は、この時間に進行方向前方からの絵に拘れば、必ずやこうなるという例、115系電車の側面反射。

DP2M0442:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE AWB Lands.

上は、雨の赤穂線吉井川橋梁。前回欠けていた、肝心なモノが入った写真だが、それがあったからといってどうにかなるもんもはない。この場所からなら、当然  DP3M だったろうし、DP2M の練習に拘るなら、もっと寄って浅い角度で岸壁を見切ってと、まいど後から見ればツッコミ所満載なんである。だがそれだけに、こうして一堂に並べてみると、なかなか参考になる点も少ないないと感じる。ま、当面イマイチな材料には不足する心配もないので、またやってみよう。(ん?それって、喜んでいいのか)

上と右の3枚は初撮り以来、サンライズエクスプレス史上最悪の写真であろう、山陽本線旭川橋梁の瀬戸/出雲のDP2M/DP3M 版。この時期、40分程度の遅れではまだまだ足りないし、ここでは誰も撮っていない理由が分かる。逆光も、ここまで破綻すると現像レベルでもどうしようもなく、絵的にもフロントに被った電線が留めを刺す。

右の DP3M 版の上2枚は連番である。連写に期待したのは、タイミング的にこの間のショットだったのだが、残念ながらそんなモノは存在しない。3枚目は、その後追い順光写真。景観はさておき順光ならなんとか、という感触を掴むキッカケにはなった。逆光での EV-0.3 は気休めにしかならなかったが、このショット現像時の EV+1.0 が、2日後の北長瀬での露出補正に影響したのは言うまでもない。

右の一番下は、本来の通過時刻に近い時間の練習ショット。 ブレの問題はあるにせよ、明るさが足りないことよりも、側面に対する直射の方が厄介であることが分かる。ま、それよりローカル列車との車高の違いに、この時点で気付くべきだろう。日の出前の現場では、お〜けっこうイケるぢゃん、などとお気楽に考えていたのだから、お目出度いにも程がある。

DP2M0458:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1000sec AAE AWB Lands.

DP2M0372:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP3M6865:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP3M6866:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Lands.

上の5分前に通ったやくも同様に、後追いであれば手前の線路を通る出雲にとって、なお条件は良くなると踏んでこの場所を選んだ。が、極力人目を避けるため隠れ蓑として選択した、電柱の影が正面でこうも目立つとは、…。やっぱ、節穴である。

DP3M6872:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec EV+1.0 AAE AWB

Landscape

DP2M0357:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB Lands.

さすがに、左手のバカでかい小屋の壁は飛んだけど、 相変わらず順光露出に関しては、不気味なほど絶好調な DP3M。ここは、最初のサンライズエクスプレスで失敗した、熊山の反対側からの景観。A-12 と思しき、折角の7両編成(710M)だったのに、ここまで引いてしまうとよっぽど景観が良くないと、絵にはならんなあ。せめて小屋か右の鉄塔のどちらかはフレームアウトするべきだったろう。

上と下2枚は、和気〜吉永間の少し開けた場所にある田んぼの中である。例によって、無数の電柱が邪魔な景観だ。長めの貨物列車なら、もう少し様になるかと思ったが、75mm ごときではちと足りない。

DP3M6991:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec AAE AWB Lands.

DP3M6996:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec AAE AWB Lands.

DP3M6979:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Lands.

DP3M6972:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE AWB Lands.

上の北長瀬シリーズの翌日に撮った、熊山〜和気間の桃太郎(EF210-169)。シングルアームのパンタを持つ後期型の中でも比較的新しい釜。この角度ではハッキリとは見えないが、たぶん所属は吹田機関区。ただこのアングルなら、DP1M の方が良かったかも。

さすがに、イマイチシリーズでは、メインとなる写真がないので、モノクロパワーに頼った岡山機関区構内の写真で、お茶を濁しておく。ちょっと遠慮がちな表示サイズに、そこはかとなく漂う慎み深さなども、汲み取って頂ければ幸いである。

DP3M6967:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec AAE AWB Lands.

上の2枚は、リベンジと呼ぶには、あまりにも情けない特急スーパーいなば(キハ187系)。最初の後追いで、2両編成の下り5号(2076D)では、その場の広さとのマッチングがイマイチだったので、撮影ポイントを移動しようと車に戻ったが、乗り込んだ直後に上りの4号(2073D)がやって来てしまった。慌てて車の窓越しから、手持ちでなんとか撮ったのだが。

下りがあれば、上りがあるのは当然で、事前の調査もいい加減なことに加えて、かなり遠方まで見渡せる場所であるにも関わらず、如何に注意力が散漫だったかを思い知らされる。

[PR]AMAZON

リンクバナーは、キャッシュクリア&リロードで最新情報に更新がお約束