2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、笹ケ瀬川橋梁を渡るサンライズ瀬戸。毎回2時間も遅れてくれりゃ、良い練習になるんだが、そういうわけにもいかんだろうな。これは、今回のサブである、DP1M による失敗ショット。f4.0 に設定していたはずが、なんとサンライズ瀬戸だけ、 f11 になっていた。よって、毎度お馴染になってしまった感のある被写体ブレである。その上、水平もあやしいので等倍拡大などせず、心の目または、労りの目で見る必要がある。

上は、なかなか順光で撮れなかった、特急しおかぜ(8000系電車)の岡山寄りの先頭車両。こちらは、空力的に考慮されたデザインにもかかわらず、なんで四国寄りの先頭車両は、まるでぬりかべみたいな、空気抵抗の塊のような顔なんだろう。不思議な運用だ。下は、そのぬりかべ (^^)。

あくまでも、超個人的な意見だが、あまり撮影意欲はそそらない。今回は撮り逃したが、次回はアンパンマンの 2000系気動車の方を狙ってみようか。

DP1M3120:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB FCB.

上は、そろそろ飽きてきた快速マリンライナー。まだ、7時過ぎの朝早い時間だが日差しはきつい。まともなカラーバランスは諦めて、FCB で思い切り青空を強調してみたが、やっぱへんだ。

下は、その後8時頃になって、少しはマシな色合いになった、 DP2M 版のマリンライナー。広角でも望遠でもない、あくまでもナチュラルな描写だ。

通過する列車から、一様に馬鹿にされているような視線を感じたので、この後は瀬戸が来るまで、大人しく隠れていることにした。いずれ迷彩服も検討しよう。

DP1M3046:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP2M0215:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP1M3144:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f11 1/250sec AAE AWB Lands.

DP2M0205:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP2M0220:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP2M0224:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Lands.

それでも、時折様子見を兼ねて、撮ってみたりする。

上は、国鉄時代最後の製造となった、C編成の213系電車(クハ212-2)、FRP のお面を被った、かつてのマリンライナーだ。鉄板丸出しの無塗装(またはダサい塗装)よりはマシな面構えだと思うな。さすがに8時を過ぎると、軒並み f4.0 でも 1/1000秒以上でシメシメだが、逆光気味なフロントマスクの影がきつくなってくる。できれば、背景の空だけ晴れてそれ以外は雲ってくれないかな、というのは贅沢だ。

上の写真が今回の主題である、笹ケ瀬川橋梁における2時間遅れのサンライズ瀬戸。と、その上は後追いショットだが、構図も何もあったもんではない。いっそ、縦構図しておけば、と後から思うのは毎度のお約束みたいなものであるが、連番であることから下の連写で7枚バッファを使い果たしてしまい、1枚目の書込み終了でなんとか撮れた、オマケの8枚目だから贅沢は言えない。

鉄道撮影の作法についてはあまり知らないのだが、列車のウエストラインでそこそこ水平が出ていればいいような気もする。 カントもない直線区間で標準画角だと、多少傾いていた方が躍動感はあると思うが、たぶんそれは正しい取り方ではないのだろう。もちろんそれさえも、手持ちではきわめて怪しい上に、どうにか修正したとしてもさほど面白くない、というのが一番の問題だろう。

で、一応今回の言い訳は、本当に撮りたかったサンライズエクスプレスは決してこうではないが、タナボタだし練習だし適当過ぎる撮影でしかない。それでも、この距離で見るサンライズエクスプレスは結構迫力があったから、ま、いっか、である。

DP2M0232:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Landscape

上2枚は、笹ケ瀬川橋梁の対岸側から。左の中央付近にある2本の電柱が、今回の撮影ポイント。右の橋脚に使われている、曲面な石とレンガは、たぶん開業当時からのものと思われる。 いずれも、前月末に撮影。

右の2枚は、四国方向に向いた、今回の後追い用練習ショット。上は、D編成のクモハ115-1711。モハ115形に運転台を設置した、岡山電車区所属の改造車らしい。

上は、松川橋梁の特急南風 2100形(2106)

場所的には気に入っている松川橋梁だが、なかなか期待する絵になってはくれない。ヤケクソ気味に、あたりを適当に撮っていると、右端にチラッと見える買物カゴ付近で、なにやらキラキラしたものが目に入った。それは、クルクル回る風車だった。 そのまま撮っても別に面白くもないので、f11 まで絞って回っている様子を撮ってみた。 帰ってエフェクトで遊んでいるうちに、そうか ND フィルタも車に積んでいたし、これの背景に列車が通れば、一応鉄道写真としての成り立つかな、などと考える。しかし、なんで現場でそういうことを思いつかないのかな、といつもも思う。やっぱ写真は、その時の気分次第だな。

DP2M0106:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f11 1/80sec AAE AWB FCB.

DP1M3061:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/500sec AAE AWB FCB.

DP1M3056:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.5 1/640sec AAE AWB Lands.

DP1M3061:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/500sec AAE AWB FCB.

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

上左=DP1M3001:@ISO100 f5.6 1/1600sec AAE AWB Lands.

上右=DP1M3003:@ISO100 f4.0 1/800sec AAE AWB Lands.

DP2M0233:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Lands.

上:先週撮った、2本の電柱の間から望む笹ケ瀬川。

今回、怪しい猿がぶら下がっていた、現場である。

DP2M0177:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE AWB Lands.

DP2M0197:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

上:同じく今回の練習ショット。たぶんの115系の 1000番台の車両と思われるが、詳細は不明。地面に対して水平は出ているが、電柱はあてにならないし、多少アオリ気味だし、登り勾配なんで、絵的には列車に対して微調整をした方が良いのかもしれない。

右は、妹尾駅手前、交換線付近の特急南風。2000形と異なり、スラントしていない前面の 2150形気動車。この車両(2154)は高松運転所の所属で、編成の下り寄りに組成され、上り寄りは 2100形になっている。てな、ウンチクもネットで調べりゃすぐ分かる、鉄オタには良い時代だ。上の3枚と同様、先月末または、先週の撮影。やはり、ぬりかべ同様に、前照灯は二灯しか点灯していない。タイミング的にはちょい早いが、広角のこういう方が好みではあるな。

上は、午後の陽を浴びて回る風車、の成れの果て。

と下は、こんなイメージで撮れたらよかったのにな、というデッチ上げ合成。ま、DTP にするほどのモンではないけどね、キモチ悪いし。

上は、同じく FCB でちょっと不気味な 115系電車。