2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、流し撮りの練習その失敗作。いつもとは逆に、ND フィルタ2枚重ねしてまでシャッター速度を落としてみたが、基本的なことも未だ分かっていないので、あくまでも余興である。もう少しマシなものが撮れるように、鋭意修業中だ。上は、吉備津駅に入ってくる、見事に色褪せたキハ47-2002(753D)だが、後ろのキハ47-29 はペンキ塗立てかと思うほどに赤い。さすがは、行ったり来たりのローカル線で、この日コイツには、また会うことになる。

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/25sec AAE AWB Lands.

DP1M3701:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

上:足守駅 15:37 発(758D)のあまりにも赤過ぎるキハ47。おや?何処かでお見かけしたような…。下:その後追い、やっぱ吉備津駅で見かけた色褪せ過ぎなキハ47-2002 だった、お勤めご苦労さん。

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP1M3709:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/1000sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1600sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/500sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP3M7683:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1000sec AAE AWB Lands.

DP3M7665:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE AWB Landscape

DP3M7656:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/640sec AAE AWB Landscape

別に意味も無く撮ってみたら、やっぱり意味のない写真になった、吉備津参道踏切の鉄橋?これは、さすがに橋梁とは呼ばないのだろうが、なにやら名前らしきものは書いてあるな。桜馬場西川開??

久々に出番を得た、激安フィルタセットの雄姿。

上2枚は、備中高松手前を走る、投遣りなチグハグキハ2態。一応、ご当地らしく最上稲荷の鳥居を入れてみたが、やはりイマイチ感が漂う。どうやらこの先の陸橋から広角でというのが、ベストらしい。上は号数は不明のキハ47•40 の組合せの後追い、下はキハ40 同士の組合わせだが、どちらも色は合ってない。このへんにも JR 西日本のやる気の無さが現われている。乗客サービスなどというモノは、赤字の地方ローカル線には存在しないのだろう。ちなみに、このキハ40 3000番台(3005)ということは、コマツエンジン版の改造車で、元はキハ40-2028 らしい。と、俄仕込みのウンチクも披露してみたりする。

上は、足守駅から見た岡山方面で、下は同じく総社方面の景観。順光と逆光では空の色がこうも違う。

上は、足守駅の駅舎(といえるものかどうか)内の時刻表。12時台が皆無というのが吉備線らしいところだが、早朝から深夜に渡って意外と便数はある。

今回も、これといってメインとなる写真はないので、足守川橋梁の2枚でお茶を濁しておく。毎度のことながら、事前の調査もなく気紛れに訪れてみただけなんで、まるで撮影計画もなしに撮っている。せめて、車両全体が収まる位置ぐらいは把握しておくべきだったろうし、この画角なら DP2M だろう、と思われるかもしれない。だが、上下2枚も DP3M による水平パンニングのみで凌いでいるのは、実は上に電線があったりで、結構制約がある。いずれにしても、もう少し工夫の余地はあるので、順光の時間帯にでも再度チャレンジしてみようとは考えている。この日、DP2M の出番がないのは、あくまでも偶然である。何度か撮っているが、結果的に晒せるモノがないだけで、別に他意は無い。

上は、iPhone による激安フィルタをセットした DP3 Merrill。パノラマと同様に、パンニングセンターをノーダルポイントに合わせてみたが、果たして意味があるのかどうかは不明。被写体と正対していれば、パンニングクランプの機能を使えるが、多少仰角をとっているのでパンベースを使用した。もちろん、レベリングベースで水平が出ていることが前提になる。