2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.

[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。


冒頭の写真は、初日の DP2M によるサンライズエクスプレス。パッと見はマシに見えるかもしれないが、シャッター速度は 1/320秒であり、当然被写体ブレだ。上のテストで直前に撮った貨物列車比べても、イマイチ過ぎる。新規導入機材に対する、不慣れが一番の原因ともいえるが、遅刻寸前で余裕がなかったことによる焦りが、それに繋がったと思う。桃太郎では、予定通り EV-0.7 の露出補正だが、本チャンはなんと EV+0.3 の逆補正になってしまった。現像で EV-0.2 掛けてみたものの、まだ明る過ぎな気もする。ま、それ以前に、右上の架線の支柱も、最終段階で見切れていなかったというお粗末でもある。

下は、初日のメインであったはずの DP3M による、ベストタイミングの一枚手前で、冒頭の写真とぼぼ同時のショット。だが、最後尾が欠けてしまう構図という大失態に、意気消沈な一枚でもある。明るさは、こちらの方が実際に近いし、背景の山々はそれなりに良い雰囲気なだけに、残念でならない。(;º-º)

DP2M1448:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/320sec AAE WBDY Lands.

DP3M7809:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE WBDY Lands.

DP2M1442:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/500sec AAE WBDY Lands.

DP3M7810:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f2.8 1/640sec AAE WBDY Landscape

上2枚は、二回目の DP2M 版。残念ながら、この日は DP3M を優先したので、上48番の電柱も見切れず、バックアップにもなっていない構図だ。撮影時の EV-0.7 はやり過ぎで、シャッター速度は稼げたが、現像時に戻す必要があった。こんな時に限って、連写で丁度中間の連結部分が入ったりするが、その分直前のショットが早過ぎたからチャラだ。所詮、ノーファインダによるマグレに期待なので、贅沢は言えない。この2枚に限っては DP2M としては異例で AWB の方がマシだったが、こちらの法則も気紛れ過ぎる。

サンライズエクスプレス(一応、今回のメイン)

DP2M1455:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/320sec AAE WBDY Landscape

DP3M8142:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Landscape

せめてもの救いは、1/640秒で被写体ブレはそれほどでもなく、ピントもまあまあ、というところかな。マイナスの露出補正も EV-1.0 のままで、FL+03 のみで済ませたので、あながち補正値に関しては外していない。ちなみに、オートでは車体色にイマイチ色気がなかったので、あえて WB は晴れで現像してみた。


下は、以前から気になっていた、DP Merrill の連写における規則性の検証。今回は、DP2M によるもの。

① は、最初の遠景ショットの単写で、その後12秒空けている。②〜⑧ までが連写で、②〜④ が最初の一秒以内で、続く ⑤〜⑧ も次の一秒以内に収まっていることから、7枚バッファ分はキッチリ規則性があるように見える。だが、シャッター速度との関連は、今少しテストを重ねてみないと分からない。下の動画を参照すると、この日は時速約90km(25m/s)位で通過している。②〜⑧ まででほぼ2両分(約43m)移動しており、時間は1.72秒(0.2457秒/枚)かかっていることから、少なくとも1/320秒における連写性能は秒3〜4コマ程度、ということになりそうだ。

⑨ は、② の書込みが終わったことで可能になった、お情けの一枚だが、7秒以上も経過した後であり、実用を考えるともう少し大きなバッファが欲しい。シグマには、ケチケチするな!と、言っておこう。

上は、DP3M による最後尾が切れた初回の痛恨ショット。曇天のおかげで、フロントも極端な影にならずに済んだし、側面反射も許容範囲であったのだが、…。これも、車体色を優先して WB はなぜか晴れである。 EV-1.0 は概ね正解だが、開放で 1/640秒では少し暗い。だが、あまり補正をかけると、下のように背景がノイジーになってしまい絞った甲斐がない。下は、朝日の直射は免れたが、側面反射は初日よりキツイ二回目のリベンジショット。タイミングは、少し早過ぎて最後尾もギリギリである。 上の 4C6M WBDY に対して、AWB ながら 12C16M とカラーバランスも苦しい上に、コントラストやシャドウまで総動員してやっとここまで持ってきたが、背景の山々や空はそれなりに犠牲になる。

ちなみに右が、参考までに貼ってみた昨年九月の最初の一枚で、一連の鉄撮りシリーズの発端になったモノ。季節は若干異なるが、あまり進歩しているように見えないのがツライ。

上は、DP3M による二回目の一枚。サンライズ瀬戸と出雲の連結部分。少し暗いが、EV-0.7 を正解と見て現像時には FL+03 のみで対応。シャッター速度は上限の 1/1,600秒まで上げることができた。ま、やってみただけな感は否めないが、後々の役に立てばと思いあえて。だが、カラーバランスのことも考慮すれば、このアングルにも問題はありそうだ。

上は、DP2M による初回の連写による一枚。連結部は逃したが、モハネ285形3200番台とサロハネ285形3000番台の右側面は撮れた。それがどうしたと言われりゃ返す言葉はない。以前、西長瀬で撮った出雲の左側面との違いが気になるのは、鉄オタだけか。

サンライズエクスプレス(☜ 特集ページへのリンク)

上2枚は、iPhone 5s によるオマケ動画 (^^)。720p に変換および編集版。

偶然にも、両日共に特急が現われる直前に、土手の上を車が通過して静けさをブチ壊してくれる。ま、何事もこちらの都合よく運んでくれるわけではない。しかし、動画というのは便利なもので、どのあたりで捉えたら絵的に様になるかという、事前のシミュレーションには持って来いだ。そんな参考資料的な側面も期待するので、毎回懲りもせず欲張ったことをやっているわけで、こういう用途なら iPhone で十分事が足りると思う。ネットに上げるための最適化は今後の課題であると認識しているが、イマイチ良く分からんのが正直なところ。

DP2M1864:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP2M1863:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Lands.

DP3M8138:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/1250sec AAE AWB Landscape

上は、二回目直前の練習ショット。横目がイマイチな EF66-124 だが、さすがに 1/1,600秒はちと欲張り過ぎ。現像で露出を戻そうとするとノイズも増える。車体色を気にしなければ、AWB のまま 4C6M 程度におさえて、こんな早朝の雰囲気重視の色でまとめたい。ただ、特急相手にそういうわけにもいくまい。

DP3M4486:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/125sec AAE AWB Landscape

DP3M8131:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Lands.

DP1M4264:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1000sec AAE WBDY Lands.

上が、問題の初回直前の練習ショット。トップの DP2M1442 と同時撮影の桃太郎 DP3M 版。先頭車両の頭上に下47番の電柱が角のように生えて、まるでスナップ写真のべからず集のようだ。本来は設置場所を移動するべきだが、あまり時間的に余裕もなかったので、横着にもパンニングだけで凌ごうとしたのが災いした。本番ショットでは、最後尾が入りきらないという、お粗末にも程がある為体だ。ここは、直線区間ではなく長いS字区間なので、一本手前の46番電柱あたりからカントが逆になる。長い編成の列車では、先頭と後続がうねったようになって、それが絵的な魅力でもあり14両編成に拘る理由でもある。だが、早朝には角度的に先頭車両の側面反射につながるので、痛し痒しなんである。従って、よほどの遅延でもない限り、定刻の通過時間では根本的な構図の見直しが必要なのかもしれない。

右は、二回目の撮影風景。今回は DP1M の出番がないので、裏方として参加。初回の反省から、いつもの2台態勢に戻して、シルイは動画用の iPhone 5s を担当。さすがに、お強め品三脚とは比較にならないが、iPhone にはちとオーバースペックか。

上:サンライズエクスプレス:2014.06.07/下:サンライズエクスプレス:2014.06.14

DP3M7804:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Landscape