2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。

冒頭の写真は、DP1M によるミニマルな構図を狙ってみたものだが、被写体の構成要素としては、決して少なくはない。空と雲、山と木、そしてアスファルトと鉄塔および電線である。ついでに言えば、電線の上には鳩もいるな。

ま、DP1M の画角でシンプルな写真を期待するなら、よっぽど被写体に近寄るか、快晴の空でも撮らない限り難しい。カラーバランスは、DP1M の AWB では良く使う 4C4M だが、いかにも嘘っぽいカラーモードは FCB (Foveon Classic Blue) という、一種のピクチャエフェクトみたいなモノである。赤いものは全てオレンジ色になるので、画面の中に赤いものがなけりゃ使えるという、限定的なカラーモードだ。

DP2M2288:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE WBFL Landscape

DP2M2291:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE WBFL Landscape

DP3M8348:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/1250sec AAE WBFL Landscape

DP1M4475:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/500sec AAE AWB Foveon Classic Blue

ここからは、前々回の「更新」で撮ったキリンビールと同じ日である。 DP3M 版のみ三脚を使用、その他の DP2M 版は手持ちによる撮影。この日も早朝は、ホワイトバランスは水島臨海鉄道の時と同じく、蛍光灯(FL:約 4100K)がベストだった。上は、津山線玉柏駅手前の下り勾配における、快速ことぶき(3933D)の キハ47-1022。下の玉柏駅には、行き違いの普通列車(946D)のキハ40-2036 が待機している。が、この時点では、よもや上り列車が一両編成だとは気付いていない。

DP3M8350:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1000sec AAE WBFL Landscape

DP2M2295:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE WBFL Landscape

上も同じく、DP1M による田んぼに空と雲。意識的に露出補正をかけないと、見た目より暗く写ってしまう。撮影時の EV+0.3 では足らず、現像時にもう +0.5 と FL+0.3 を加えてみた。遠方の入道雲に夏らしさを感じて、もう少し寄ってみようと追いかけたりもしたのだが、いつの間にか他の雲と混ざってしまって果たせず。いずれも、先月末の撮影。

DP1M4469:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE WBDY Landscape

上2枚は、ほぼ同タイミングで撮った、キハ40-2036。微妙にカラーバランスは揃わないが、このあたりが限界か。なるべく岡山色のキハ40 の色が現実に沿うように調整すると、空と緑がズレてくるというジレンマだ。で、下が個人的には、ベストなタイミングと考えている DP3M 版だ。

せめて、2両以上の編成なら、左上の DP3M8350 の方がマシかと思うが、なにせたった一両しかないので、まあこっちかなという程度だ。だいたい、土壇場で構図を変えるとロクなことがないので、あえてそのまま撮ってみただけの結果に過ぎないのだが、何かと巡り合わせには翻弄される。