2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。

冒頭の写真は、8月23日早朝の霧んビール、である。(^^)

こんな時間にこんな場所にいるということは、もちろんサンライズエクスプレス絡みであることは間違いない。だが、当然こんな状況下では、あっちの方も、ロクなことになっていないのは、想像に難くないのである。ま、そのあたりは、次回以降のお楽しみにとっておこう。

で、下からの7枚は、DP1M による今月の経緯みたいなもの。夏らしい絵柄を求めて幾度となくチャレンジしてみたが、果たせなかった結果である。当日の特徴的なモノばかり、時系列どおりに並べてみた。

DP1M4580:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE WBDY Landscape

DP2M2745:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/250sec AAE WBDY Landscape

8月の定点観測

8月の定点観測、最後の悪足掻き現場(08/28)

DP1M4537:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/250sec AAE AWB Landscape

DP1M4556:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE WBDY Landscape

DP1M4573:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE WBDY Landscape

DP1M4833:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE WBDY Landscape

DP1M4857:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE WBDY Landscape

上は、冒頭の写真の2日後、再度早朝に出掛けたのだが、またもや霧んビール、である。この日は、午前中の仕事を済ませた後、懲りもせずに昼一から再び訪れてみた。下2枚が、その日中版である。一時間以上粘って、やっとわずかながら夏らしい雲も見かけたが、残念ながらスカッと晴れた青空を背景に、という望みは叶えられなかった。

上下2枚は、どうせ濃霧に阻まれ画角的にも出番がないなら、ちょっと趣向を変えて朝露を前景にしてみたり、露草を主役に据えてみたりと、定点観測からちょっと外れてみた、余興の DP2M/DP3M 版である。上の DP3M 版は、珍しくホワイトバランス晴れで色温度ピッタシの、カラー調整無しである。だが、下の序でに撮った DP2M 版では、オートが最適で若干の調整が必要だったという、いつものパターンとは真逆の気紛れぶりだ。

上は、今回の DP3M 版で唯一夏らしい一枚。何処が?と、思われるだろうが、それは拡大すればわかる。朝っぱらから、夏休みの宿題(たぶん昆虫採集かな)に付き合わされる、お父さんと子供二人の図ではあるまいか、と想像するのだ。

下は、昨日夕方、最後の悪足掻きで訪れたのだが、上空はすでに秋模様である。左の鉄塔の上辺りの雲には、わずかばかりの夏がまだ残っているような、いないような、…。

上は、冒頭の写真と同じ、8月23日の夕方である。この日は、早朝ここへ来る前にサンライズエクスプレス、その後県北方面へ回った帰りに再び寄ってみるという、たいへんハードなスケジュールをこなした一日で、少々疲れ気味だ。帰り際に、何とか晴れ間が覗いたので、一縷の望みを賭けて寄って見たのだが、まあこのあたりがやっと、…かな。

DP1M4857:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE WBDY Landscape

DP1M4860:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

左は、早朝は霧に阻まれた 25日午後、何とか青空も見え始めたが、工場の上空だけは雲がかかったままで、いくら待っても晴れそうにないので、悔し紛れの縦構図だ。こんな空模様では、どうしても画角の狭い、DP3M の出番は少ない。最終日の昨日も、まるで嫌がらせのように、工場の背景だけは雨雲が鎮座して、全く移動する様子はない。上空は晴れており青空さえ覗いているが、そこはかとなくもう秋の気配である。

下は、その早朝の DP2M 版であるが、背景がシンプルに極まって絵的には却って面白いぐらいだ。湿度が高い割には、コントラストの低下もなく、シャキッとした絵になっている。工場を際立たせるなら、これもアリだろう。だが、この定点観測の本来の目的は、キリンビールはあくまでも前景であり、季節感のある空模様を撮ることであったはずで、…あれ違ったけか?

ま、どっちが主役だろうと、別にかまやしないんだけどね。


ということで、結局今回のメインは、奇しくも DP2M 版の2枚ということになったのである。(L型ブラケットの取付方のせいか、どちらも許容範囲とはいえ、ちと水平はアヤシイけどね)

DP2M2738:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/500sec AAE WBCD Landscape

DP1M4902:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE WBDY Landscape

DP3M8824:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/400sec AAE WBCD Landscape

DP3M8810:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/500sec AAE WBDY Landscape

DP2M2769:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/250sec AAE AWB Landscape

DP2M2802:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/125sec AAE WBCD Landscape