2014

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。

冒頭の写真は、次回以降の予告編も兼ねた、因美線美作滝尾駅。かつて映画にも登場したこともあり、その筋には有名な駅らしい。駅舎横には、撮影を記念した碑も建てられている。たしかに、無粋な改修もされていないし、周辺の手入れも行き届いているが、ここ数年の利用者は一日平均50人程度だ。それでも、因美線の駅としては多い方である。

DP1M4615:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE AWB Landscape

上は、iPhone による因美線松𡵅橋梁(97m)。知和駅と美作河井駅の間にある加茂川にかかる橋梁で、いったい山なのか川なのか、ハッキリして欲しいものだが「まつぼうき」と読むらしい。ネットで検索していると、この橋梁で今年撮影されたと思しき、キハ40•47の写真を見かけた。前回も今回もキハ120にしか遭遇していないが、ダイヤによってはまだ走っているのかもしれないな。現場では、キハ120では絵になりにくいと考えて、iPhone のみの撮影でスルーしてしまったが、鉄道車両が入れば絵になる景観ではあったので、惜しいことをしたものだ。ま、この路線のダイヤでは、そう都合良く欲張っても無理があり、そのかわりに 12:15 着(678D)は美作河井駅で捉えることができたので、致し方なしだ。

(※キハ40•47 は、みまさかスローライフのイベント列車らしい。)

DP2M2841:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/400sec AAE WBDY Landscape

DP1M4788:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/640sec AAE AWB Landscape

上は、岡山県側から鳥取県への県境へ向かう、物見峠付近のミニ。空模様は今年の夏、特に8月を象徴するかのようなハッキリしない曇天。お山の天候は何時も不安定だが、この日は雨に降られることはなかった。


下は、物見峠を越えて鳥取県側に入るところ。時折、雲の隙間から日も差すが、なかなかスッキリと晴れ渡るところまではいかない。絞り優先でありながら、横着にも f5.6 のままだったので、手振れ寸前である。オートブラケットの2〜3枚目は明らかにブレており、運良く一枚目だけがマシだった。本来なら、プログラムオートにするべきなんだろうが、コイツがまた当てにならないから、あまり使いたくはないのである。

下は、iPhone による、鳥取県側に入って智頭方面へ下る途中にある展望台。だが、展望台とは名ばかりで、ロクに管理もされておらず鬱蒼と茂った雑木林に阻まれてなにも見えない。看板に偽りありとはこのことだな。

DP1M4791:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/40sec AAE AWB Landscape

DP2M2839:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f4.0 1/800sec AAE WBDY Landscape

上と左の2枚は、先月30日のサンライズ出雲で出掛けた時のスナップ。遠くから眺めていたら、大きな蛇のように見えたのだが、そばに寄って見たら当たり前だが、ただの枯れ木だった。

いずれも、朝まだ早い時間なので、若干色温度は低めだが、左は撮影時の狙い通り、マイナス補正をかけたオートブラケット2枚目(EV-0.7)が、適正露出で X3FL もなしである。また、 DP2M としては珍しく、カラーバランスも無調整のままで、実際に近い色が出た。ま、そのワンショット後の上は、絞りと構図を変えただけで、露出もカラーバランスも微調整が必要だったけどね。(^^)


シグマには、今すぐにとは言わないが、次期製品には最低でもこの解像感を失うことのないよう、是非とも開発に努めて頂きたいものだ。