2015

 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

Audio, Music, Cinema

Mini, Bike, Outdoor, Train

Camera, Photo, Device

Kirin, Knives, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンク、またはこちらのリンクからひとつヨロシク。

冒頭の写真は、今月の1回目の DP2M 版だが、初回が 20日というのもやる気の無さが現われているな。中央の田圃は既に刈入れも終って、あたりの景色はもう秋色に染まっており、手前には重そうに首を垂れた稲穂が広がっている。ちなみに、この日は晴天で光量も十分あったわりには、各機種とも WB は安定せず、蛍光灯でなんとか折合いを付けるのがやっとという状況。比較の為に撮った下の iPhone 版でも、露出/カラーバランス共に破綻しかけているいぐらいだから、まあ致し方なしか。

10月の定点観測

DP3M11564:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/400sec AAE AWB Landscape

 

DP1M7083:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

DP2M5757:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE WBFL Landscape

DP1M7064:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/400sec AAE AWB Landscape

DP1M7074:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

DP1M7095:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

DP3M11611:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE WBFL Landscape

DP3M11627:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1250sec AAE WBDY Landscape

上は、アングルを変えていつもより空を大きく入れた DP1M 版。上空の秋らしい雲間には通過する定期便も微かに写る。まあ、ここには馬はいないが、文字通り天高く馬肥ゆる秋である。下の2枚は、同じくいつものアングルに戻した DP1M 版。ものの10分も経過しない、ほんの僅かな時の間に空の様子は刻々と変化しているのだが、現場ではそれに気づかない。以前のように、iPhone のタイムラプスで撮っときゃ良かったと後悔。

DP2M5775:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/1250sec AAE AWB Landscape

上の2枚は、手持ちの中から何本かを持ち出して撮ってみたの図。上がウェイターとカデット AL、下がパイオニア(旧ソルジャー)2種とカデット ALの ALOX ファミリー。国内市場での呼び名は、未だにソルジャーで末尾に CV AL が付く。(CV:シビリアンバージョンかな?)

DP1M7077:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

DP3M11567:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/400sec AAE AWB Landscape

今月も後半に押し迫ってから、都合3回訪れた定点観測の現場。上の2枚は、二回目と最終日の DP1M 版。どちらの日も似たような天気であまり代わり映えがしないので、アングルの変化で目先を変えてみた。全体を通して、DP1M は比較的安定していたが、他の2台は少々現像に手こずった。特に DP3M のカラーバランスが、初回からどうしようもなく破綻して、空に合せると田圃の色が赤くなってしまうし、田圃を基準にするとタンクが緑に被る。

実はこんな写真を撮ってみるまで、ほんの最近まで知らなかったのだが、ネット上では EDC(Every Day Carry)と呼ばれる、普段持ち歩いているアイテムをもっともらしく写真に撮るというのが流行っているらしい。というか、格好の持ち物自慢みたいな確立されたジャンルになっている。 “EVERYDAY CARRY” で画像検索すれば、それはもう楽しそうな写真が山のように引掛るのである。

  ご参考:EVERYDAY CARRY(http://everydaycarry.com



で、下の4枚はちょっとマネして、ワルノリしてみた。本来は、各アイテムの解説を入れるのがお約束らしいが、いちいち面倒だし画像から適当に判断して頂こう。流石に、いきなり DPM 版ではマジになっちまうので、練習がてらの iPhone 版で、いわゆるひとつの「なんちゃって EDC」である。ま、いずれ本気を出すつもり、…なんちゃって。

なんとか、蛍光灯で帳尻を合わせようとしてみたが、やっぱ変。最終日は、少しマシななったものの最後まで不安定さは改善せずで、今ひとつ抜けが悪い。結局今回のメインは、ほぼ快晴だった最終日の DP2M 版に決定。DP2M 版の大半は、いつもと違って晴れではなくオートの MY 系でバランスしていた。ただ、空と背景の山々は見た目に近いが、手前の稲穂の色がどうも違うので、あえて晴れの 6C8M と CM 系で、色温度を高目にしてみたのだが、…う〜む。