2015

 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

Audio, Music, Cinema

Mini, Bike, Outdoor, Train

Camera, Photo, Device

Kirin, Knives, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンク、またはこちらのリンクからひとつヨロシク。

冒頭の写真は、少々待ってもやみそうにない雨模様で、車内からの撮影でお茶を濁すことにした今月初回の DP1M 版からの一枚。よっぽど、モノクロにしようかと思ったが、どうしてもカラーの方を選んでしまう。田圃の秋色、フロントウィンドウの雨色、看板の赤色と、様々な色の要素に頼らない写真には一切の煩悩を断切る覚悟が必要で、それやっぱ無理だわ。

11月の定点観測

 

DP1M7133:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/250sec AAE WBCD Landscape

DP1M7109:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/100sec AAE WBCD Landscape

上3枚は、今月3回の DP1M 版。結局、雨天と曇天に終始、陽が差しているもののスッキリ晴れ渡った秋空には巡り合わずだ。まあ、それでもまだ震えるほどの寒さにはなっていないのが、せめてもの救いか。

DP3M11741:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8 @ISO100 f5.6 1/800sec AAE AWB Landscape

DP2M5783:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/125sec AAE WBCD Landscape

実家のワン公、幼少の頃からやたら噛み付く癖が抜けず、犬種による特質とはいえ落着きのない神経質な犬だった。また、カメラを向けると必ずそっぽを向くという屈折した得意技を持ち、せいぜい右上のような角度までが関の山で、撮った写真の大半は後頭が占める。ましてや、左上のような正面顔を撮ることは非常に難しく、正に奇跡といっても過言ではない。結局、後にも先にも左上の一枚が最初で最後の正面ショットとなった。そんなわけで、多少のピンボケや水平のズレなどには目を瞑るしかないのだ。


 俗名アロンという名のウェルシュ・コーギー、享年13歳。合掌

DP1M7211:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/160sec AAE WBCD Landscape

DP1M7224:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/800sec AAE WBDY Landscape

アロンのお散歩記録より

上は、久しぶりに撮ってみた、3回目のタイムラプス動画へのリンク。確かに雲は活発に移動はしているが、移動しても移動しても金太郎飴だ。

上は、初日の DP2M 版。なんと、今月はこの日の代表一枚だけで残り全て却下となった。下2枚は、初日および2日目の DP3M 版。あまり代わり映えのしない空模様ではあるが、せめて手前の田圃の刈入れが終っていれば変化も付いたのにと思う。まあ、それは来月分にとっておこう。

DP3M11723:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/250sec AAE AWB Landscape

DP3M111634:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/125sec AAE AWB Landscape

で、今月のメインは、最終日の DP3M 版からあえて直射を避け、コントラストの低い穏やかな日差しのモノを選んでみた。ま、とても秋の終わりが表現出来ているとも思えないのだが、致し方なし。

晩秋の日差しというのは、14時をまわるともう夕暮れのような雰囲気になる。これはいつもの午前中の写真だが、本来は月末の午後あたりにそれらしい絵でも撮れればと期待していたのだが、…。