2015

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。

冒頭の写真には、取り立てて意味はない。ただ、撮ってみただけのゴミである。本当は、もっと封筒の黄色が際立つかなあと思っていたのだが、現像で FCB まで使って色々こねくり回してみたものの、パートカラーにでもしない限り、大したことにはならなかったので一度は却下した。今、改めて見ても却下して正解だったろう。(と言いつつも公開しているが)

ま、今回は、ネタもないので敗者復活戦みたいなものだが、恥を晒すだけのような気もしないではない。下は、いつだったか忘れたが、夕日に照らされ赤く染まったその佇まいが印象に残っていたので、改めてカメラ持参で訪れてみたが、生憎の曇天で全く様にならなかった某工場である。一応、コイツもリベンジリストには載っているので、いずれそのうちに…。

DP1M5245:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE WBFL Foveon Classic Blue

DP3M7240:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/160sec AAE AWB Landscape

DP2M0621:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1600sec AAE AWB Landscape

上は、現像テストのサンプルとして撮ったものだが、絵柄としては結構気に入っていた。ただ背景の山や手前の緑とのバランスで、空の色が思うように出なかったのでそのまま却下となった。陽光との兼ね合いで、例え順光であっても、フィルタ類を使用した方が良い結果になる場合もあるのだろう。だが、今までその恩恵を感じたこともあまりないので、どのシチュエーションで使用するべきかも含めて、今後の課題でもある。

上は、…まあコメントは控えよう、見た通りの視線誘導施設だ。

下は、 一連の解像感頼りの一枚で、お馴染の山陽本線熊山〜和気間の線路際付近にある橋のアップ。本来なら、開放で撮るところだがあまり背景がボケ過ぎるのも如何なものかと絞った。が、やっぱ開けるべきだった。

DP3M6965:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/200sec AAE AWB Landscape

DP3M8086:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/1000sec AAE WBDY Landscape

上は、今月の定点観測現場での、記念すべき(かどうか分からないが)、DP3 Merrill の一万枚目である。普通なら間違いなく却下写真となるのだが、一応節目ということで公開。だが、先が思いやられる出来である。


これより下4枚も、すべて同日の定点観測現場。普段は写さない場所も撮ってみようと、その周辺をウロついて撮った非定点な写真。ま、出来がよけりゃ、今月の定点観測に混ぜ込んでやろうと考えていたのだが、如何に期待していない写真とはいえ、もう少しどうにかならんのか、…と思う。

DP3M10000:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Landscape

DP3M10035:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/500sec AAE WBFL Landscape

DP3M10038:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1250sec AAE WBFL Landscape

DP3M9978:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/800sec AAE AWB Landscape

DP3M10059:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/1600sec AAE WBFL Landscape

上は、そんな出来の中では少しマシかなと思う、いつも前景に写っている小屋である。ただ、この日は空模様がイマイチ過ぎて、カラーバランスがどう弄ってもおかしい。その辺りは、次回の定点観測で言及するつもり。


左は、いつも撮影場所として利用している、ポンプ場に建っている施設の壁。決してドヤ顔で晒すようなモノでもないのだが、だからといって言い分けがましくコメントもしづらい一枚。だいたい、撮った本人が撮影意図も認識していないのだから、まあ当然といえば当然だろうな。