2015

 
 

Apple, Macintosh, iPhone, iPad

AutoMobile, Bike, Mini

Audio, Music, Cinema

Camera, Photo, Device

Kirin, Train, Watch, Cat

.... etc.


[PR] アマゾンでお買い物の際には、是非とも先頭ページの商品リンクか、または、こちらのリンクをひとつヨロシク。

冒頭の写真は、因幡社駅を通過する、特急スーパーいなば4号(73D/2074D)小雨模様に煙る山々を背景に、これは絵になるに違えねえ、と思ったがさほどでもなかった。開放でも 1/200秒ではちとキツイが、横着をせず雨も厭わずホームへ出て三脚でも立てるべきだったろう。結論として必要なものは、雨合羽、防塵防滴機能、もっと明るいレンズ、そして撮影者の気合いと根性だ。

下は、その前に駅反対側の道から入って撮った何枚かの内の一枚だが、手持ち撮影のために、大半は水平も出ていない却下写真となる。後から考えたら、絶対コッチから狙うべきだったろうと思うが、現像の最中に気がついてもねえ。未だ被写体に対する観察が足りない、ということか。

DP2M4075:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/200sec AAE AWB Landscape

DP3M9756:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/250sec AAE AWB Landscape

DP1M5628:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/250sec AAE AWB Landscape

DP2M4048:SIGMA DP2 Merrill 45mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/125sec AAE AWB Landscape

DP1M5629:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE AWB Landscape

上2枚は、用瀬駅を通過する特急スーパーいなば3号(73D/2074D)

列車番号は、上郡を境に山陽本線では4桁に変わるが、智頭急行区間では上り下りまで変わるので、まことにややこしい。

こんな曇り空でも順光逆光はあって、AWB では上は 4M2Y、下の順光では逆に 2M4Y ぐらいにしないと微妙にカラーバランスがとれない。

ま、それ以前に置きピンと開放でもう少しシャッター速度を稼ぐべきだ。

ちなみに、この2枚のファイル番号は連番で、上がオートブラケット3枚目のプラス補正(EV+03)で、下が振り向きざまの1枚目で補正無し。だが、SPP6.2.0 のバグにより今回の写真にも、Exif にはその数値が記録されていない。次のバージョンでも修正しないのなら、SPP5 に戻ろう。

DP1M5602:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/400sec AAE AWB Landscape

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

DP1M5606:@ISO100 f2.8 1/25sec AAE AWB Landscape

DP1M5609:@ISO100 f2.8 1/30sec AAE AWB Landscape

DP1M5615:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/400sec AAE AWB Landscape

DP1M5621:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/320sec AAE AWB Landscape

上下5枚は、用瀬駅の駅舎とその内部、およびホームからの景観。どうも鳥取県、駅のトイレにはこだわりがあるようで、いずこの駅にも新しく立派なトイレが併設されており、利用者視点ではたいへん好感が持てる。そのわりに、駅舎内は殺風景だが、…。いずれも、手振れギリギリだ。

下2枚は、あえて同じパラメータ(4M4Y)で現像してみた。AWB が状況に合わせて色温度を調整しているのが分かる。が、合ってはいない。

どうせ当てにはならない AWB だが、WB 固定で極端なカラーバランス変更を加えるよりはマシで、せめて追従した色温度が調整できれば、現像はもっと楽になる。それが実現することは、たぶんないだろうけどね。

上の3枚は、同じく用瀬駅付近の駅前銀座。幾つかの商店と、立派なお屋敷もある古くからの町並みで、町全体が駅に寄り添うような雰囲気だ。

光量不足だとどうしても緑っぽくなる傾向があるが、あまり M 側に振ると空が変になるので上と同じ 4M4Y。結果、色は微妙に揃わない。

上:DP1M5636/下:DP1M5639

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/320sec

AAE AWB Landscape

DP1M5645

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/320sec

AAE AWB Landscape

DP1M5656:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f3.2 1/800sec AAE AWB Landscape

SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

DP1M5651:@ISO100 f2.8 1/800sec AAE AWB Landscape

DP1M5653:@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Landscape

上3枚は、用瀬駅からも近いので、国道沿いにあってもつい見逃してしまう鷹狩駅。バリアフリーな設備もあるが、駅舎やトイレはない停留場。

DP1M5660:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/640sec AAE AWB Landscape

DP1M5675:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/160sec AAE AWB Landscape

DP1M5678:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/500sec AAE AWB Landscape

DP1M5684:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Landscape

上と下3枚は、国英駅。駅舎は、必要最小限ともいえるサイズまで切り詰められており、駅周辺の空間が虚しい。結果的に、横の自転車置き場は遠くなって、駅舎正面がその用途に供されても致し方なし。どこの駅にも「防犯カメラ作動中」の札は見かけるが、カメラは滅多に見かけない。

ま、カメラが在ってお札が無いよりは、犯罪抑止効果は大きいだろう。

上は、特急スーパーはくと3号(53D)倉吉行。何かと巡り合わせの良くない HOT7000形である。ま、時刻表さえも確認していないのだから、上手く撮れたらそれこそ事故みたいなもんだろう。下は、その後追いで、見るも無残な被写体ブレに加えて、手振れも入った痛恨の1/80秒だ。

DP1M5699:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/200sec AAE AWB Landscape

DP1M5695:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/320sec AAE AWB Landscape

DP3M9753:SIGMA DP3 Merrill 75mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/320sec AAE AWB Landscape

駅周辺の景観と同様に、駅舎内も殺風景を通り越して外気温以上に寒々しさを感じる。せめてトイレにかける費用の一部でも、待合としての設備に回すことはできまいか、と思う。下は、ホームから鳥取方面を臨む景観。

郡家駅まではあと僅か4km弱だが、果てしなく遠いような錯覚に陥る。

上は、意気消沈のスーパーはくとの現場から見えた河原城。下は、この場所での鉄撮りは諦めて、コッチを絵にしてやろうと近寄って、思いっきり見切ってみたものの、それでもイマイチ残念な絵柄にしかならなかった、DP3M 版。

DP1M5702:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/80sec AAE AWB Landscape

DP1M5705:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f5.6 1/80sec AAE AWB Landscape

上と下4枚は、郡家のひとつ手前の河原駅。駅舎の建物自体がかなり歪んでいるように見えたので、土台を基準にしたのだが、それでも何となく水平が怪しいし、絞りも f5.6 のままではギリギリだ。駅舎横には、お約束の駅舎より遙かに立派なトイレもある。駅舎とホームの間には広いスペースが空いており、かつてはここにも線路が通っていたことが窺える。

DP1M5713:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/640sec AAE AWB Landscape

DP1M5726:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/400sec AAE AWB Landscape

DP1M5719:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/400sec AAE AWB Landscape

DP1M5711:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/25sec AAE AWB Landscape

DP1M5741:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f2.8 1/320sec AAE AWB Landscape

DP1M5736:SIGMA DP1 Merrill 28mm F2.8

@ISO100 f4.0 1/200sec AAE AWB Landscape

で、上が、結局下手な小細工はやめて、田圃から臨む、在るが侭の風景としての河原城である。

上2枚は、前編の折り返し点となる郡家駅。残念ながら、新築改装の真っ最中で、駅舎の外観は思うように撮れなかったが、なにやらオサレな駅に生まれ変わるようだ。もちろん、さぞや立派なトイレも併設されるに違いないだろう。

…が、駅前の整備は今後の課題だろうな。

後編では、若桜鉄道の起点の郡家駅をスタート地点として、終点の若桜駅までを巡る。ただ、次回も今回と同様に、これといってメインになり得る写真は撮れていないことを白状しておこう。おそらく、空模様のせいばかりではないと思うが、後半の写真については現時点では未現像も多く、その作業過程でなんらかの原因の一端でも掴めればと考えている。